躍進の年

 平成二十三年・明けましておめでとうございます。今年も幸多き年でありますよう祈る次第である。

 創価学会は、本年を 「人材・躍進の年」 と定め、前進を開始しました。「躍進の年」 は、50年前 (昭和36年) 池田先生が会長にご就任された翌年も 「躍進の年」 と掲げて、今日の世界広宣流布の発展の基盤を築きました。今からは、学会創立100周年へ向かって、新たなる決意で躍進を遂げていく時である。

 池田先生は 「躍進」 について、次のように述べられています。
 「躍」 の字は 「おどる」 と読む。身も心も躍り上がって進む――この勢いこそが躍進の姿である。「躍」 の字には 「足」 がある。拠って立つ大地を持つことが何より強い。それは家庭であり、地域であり、職場や学校である。幾重もの縁で織り成された人生という錦繍の大地だ。

 また、「躍」 の字の右側の 「翟(てき)」は、鳥が羽を動かして飛び立とうとする姿に由来するという。使命の舞台で思う存分に翼を広げ、舞い飛ぶのだ! 朗々たる題目を根本に、わが生活の上に 「躍進」 の二字を実証するのだ!

 御書に 「上行菩薩の大地よりいで給いしには・をど(踊) りてこそい(出) で給いしか」(1300P) と仰せである。

 偉大なる創価青年学会の人材の陣列よ、広宣流布の新天地に、威光勢力を増して躍り出よ! 私は、その一点を、ひたぶるに祈り抜いている。  
     (聖教・2011・1・1)

 本年の元旦は、全国的に気象は荒れ模様で、初日の出を見ることができなかった。特に、山陰の鳥取地方では、豪雪で被害が出ていますが、一日も早い復旧を願うものである。これは何か、見通しのきかない現今の日本の姿を、象徴しているようで心配事でなりません。

 このような世間の中で創価学会は、前途洋々たる・希望あふれる新年の出発をすることが出来ました。これも三大秘法の大御本尊の御威光の賜でありますと共に、池田先生の御指導の御蔭であります。

 池田先生は、会員の成長と幸せを “ひたぶるに祈り抜いている” ありがたき師匠であります。人生にとって最大の幸福は、生涯の師をもつことだともいえる。また、どんなに有名になり、成功しても、師のいない人生は淋しいものであると言われています。

 私は創価学会に入会して、人生の師にめぐり会い、色いろなことを教えていただきました。真に有りがたき幸せなことであり、報恩感謝申し上げます。

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR