「聖人御難事〈上〉」を拝す

 大白蓮華10月号の名誉会長講義 「世界を照らす太陽の仏法」 は、第6回 『聖人御難事』 です。副題に “民衆仏法――「人間の宗教」 の時代の開幕” とありました。
 この御書は、大聖人の 「出世の本懐」 が説かれている重要な御書であると位置づけられております。
 「出世の本懐」 とは、仏が “この世に出現した真実究極の目的” のことで、それは、一切衆生を一人も残らず成仏させるという大目的であります。
 宗門は日寛教学に基づき、「弘安2年の御本尊」 の御図顕をもって、日蓮大聖人の 「出世の本懐」 としています。
 創価学会は、昨年11月、会則の教義条項を改正し、“大謗法の地にある 「弘安2年の御本尊」 は受持の対象とはいたしません” と発表しました。
 そして、今年の1月、“教義条項改正に関する解説” が発表され、「出世の本懐」 についての説明がありました。

 上記の件に関する拙ブログ記事 ―→ ここから

 弘安2年(1279年)の10月1日の御著作となる 『聖人御難事』 は、「熱原の法難」 の渦中で認められました。
 「熱原の法難」 とは、富士方面の熱原郷(静岡県富士市)で農民信徒 20人が、直接、権力から無実の罪で捕らえられた法難である。念仏を唱えれば許すとの強要にも屈せず、最後まで題目を唱え続けたという。
 首謀者と目された、神四郎・弥五郎・弥六郎の三人(熱原の三烈士)は斬首され、残る17人は追放となった。権力の不当な迫害と断固、戦って勝利したのである。

 池田先生は、「熱原の法難」 の意義について、
 この法難こそ、偉大なる使命に生きる民衆が、権力の魔性と対峙した大闘争なのです。
 いわば、「熱原の法難」 とは、大聖人の獅子吼を継承した弟子が、正義の精神闘争によって 「魂の勝利」 を打ち立てた歴史でもあったのです。
 熱原の農民門下が、大難に負けない信仰を示したことこそ、師弟不二の信心に基づく 「死身弘法の実践の模範」 です。これは、後世万代のために、民衆仏法の凱歌を轟かせた大偉業であったといえるでしょう。
と、指導されています。

 民衆仏法とは、法華経の万人成仏に基づき、全ての人々の尊厳性・尊極性・平等性を十全に開花する思想です。その主役を担うのは、人間から離れた超越者ではなく、現実の世界の中で、社会の中で、地域の中で実践を繰り広げる法華経の師弟です。弟子も、師と同じ実践を共有し、目覚めた民衆を一人でも多く誕生させていく。いわば、民衆仏法とは、使命を自覚した民衆自身が主役となり、民衆の勝利を開きゆく 「人間の宗教」 なのです。

 民衆仏法について指導されています。その主役は、現実の世界・社会・地域の中で活動する人間自身である。決して、人間から離れた超越者などではないのである。
 超越者といえば、外道で説く 全知全能唯一絶対神、権大乗教の 阿弥陀や大日如来等の権仏は、人間ではなく架空のものなので、“弟子も、師と同じ実践を共有” する 「師弟の義」 は成り立ちません。
 ゆえに、このように人間を疎外する宗教は、民衆が主役の 「人間の宗教」 には、成り得ないのであります。

 無名の庶民である熱原の農民門下は、正法の信仰のゆえに大難を受け、三世永遠の魂の自由を勝ち取る戦いをしました。法華経の精神である三大秘法の南無妙法蓮華経を受持し、御本仏と共に戦う偉大な民衆が遂に登場したのです。まさに、民衆仏法の基盤が確立しました。ここにこそ、大聖人の出世の本懐の成就があるのです。不軽菩薩を模範とする民衆、深き使命の地涌の菩薩そのものである民衆の出現こそが、日蓮仏法の魂です。
 まさしく、大聖人一門にとって、この熱原の農民に代表される不惜身命の弟子の涌現は、万年に輝きわたる不滅の礎となったのです。
 (2015-10月・大白・38P)

 御本仏と共に戦う偉大な熱原の農民門下の出現こそが、民衆仏法の基盤が確立したことになります。
 “ここにこそ、大聖人の 「出世の本懐」 の成就があるのです” と指導されています。
 では何故、“不惜身命の弟子の涌現” が必須の条件となるのかと言うと、それは、日蓮大聖人は 「本因妙の教主」 で あらせられるからであると思います。
 釈尊は 「本果妙の教主」 で、万人に仏界が具していることを明かした “法華経” を説くことが、釈尊の 「出世の本懐」 となります。
 正法・像法の時代は 「本已有善(本と已に善有り)」 の上根・上機の衆生なるが故に、あとは自身の力で成仏することができた。
 一方、末法の時代は 「本未有善(本と未だ善有らず)」 の下根・下機の衆生なるが故に、自身では成仏することはできません。
 大聖人は、根源の一法たる “南無妙法蓮華経” を顕し、凡夫身のまま、仏になる本因の菩薩道を説き、行じられた。ゆえに、「本因妙の教主」 と申し上げます。
 大聖人は、大慈悲を起こされて竜の口等の大難を忍ばれ、万人成仏の プロセスを、ご自身の体験を通して教え諭してくださいました。したがって、成仏や宿命転換を成すには、難や苦しみは必須の要件なのである。まさに 「難即悟達」 であります。
 したがって、熱原の三烈士の如く “不惜身命の弟子の涌現” があって、はじめて 「令法久住」 が証明され、「民衆仏法」の基盤が確立され、大聖人の 「出世の本懐」 も成就するのであります。
  
 池田先生は、弟子たちに呼び掛けられています。
 さあ、人間勝利の黄金時代へ 本格的な弟子の戦いの本舞台が始まりました。
 一人一人が見事に栄光の創立85周年を勝ち飾り、さらなる一閻浮提広宣流布の拡大に向かって、力強く朗らかに、師弟共戦の凱歌の大行進を開始していきましょう
 と。 (同大白・41P)

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR