「世界広布新時代 拡大の年」に思う

 2016年、「世界広布新時代 拡大の年」 明けましておめでとうございます。本年も何とぞ “創価教学随想” をよろしくお願い申しあげます。

 何よりも嬉しいことは、小説 『新・人間革命』 第29巻の連載が開始されたことです。
 第29巻の初めの 「常楽の章一」 には

  さあ、朗らかに対話をしょう
  胸に歓喜の太陽をいだいて。
  語り合うことから、
  心の扉は開かれ、
  互いの理解が生まれ、
  友情のスクラムが広がる。

  対話とは――
  心に虚栄の甲冑(かっちゅう)を纏(まと)って、
  空疎な美辞麗句を、
  投げかけることではない。
  赤裸々な人間として、
  誠実と信念と忍耐をもってする、
  人格の触発だ。


 「世界広布新時代 拡大の年」 の聖教元旦号での池田先生の初御指導は、「さあ、朗らかに対話をしょう」 であります。
 広宣流布の拡大にとって、「対話」 は基本中の基本、修行中の修行の最重要なことであります。今まで、耳にタコができるほど聞いておりますが、年を取ってくると 「或は心ざしは・あつけれども身がうご(合期)せず」(1149P) と言うようなことで、不如意を感じております。
 然れども、池田先生は米寿(八十八歳)になられて、『新・人間革命29巻』 の新聞連載を、後世のために 「その執筆は、限りある命の時間との、壮絶な闘争となるにちがいない」 (同1巻・はじめに) とのご決意の壮絶なる戦いを開始されています。
 それに比すれば、まだ、八歳も若い小生なぞ、身が不如意なんて言ってはおられない。またとない 「拡大の年」 に、朗らかに・はつらつと対話して、新しい友人の拡大に励んでまいります。

 いま、世界では 「宗教間対話」 の必要性が叫ばれています。池田先生は、宗教間対話について、次のように述べられています。

 仏教徒である前に、人間である。イスラム教徒である前に、人間である。キリスト教徒である前に、人間である。対話を通して、人間性という共通の大地に目を向け、友情が生まれれば、そこから互いの長所も見えてくる。学びあおうとする心も生まれるのだ。

 大切なのは対話である。二十一世紀の宗教は、開かれた宗教でなくてはならない。開かれた宗教とは、人間を狂信的、閉鎖的にするのではなく、開かれた人間へと育てていくものである。

 宗教間対話が実りをもたらすためには、互いの教義の比較や優劣を争うことに目を奪われてしまってはいけない。むしろ、現実の社会の問題を解決するためにどうすればよいのかという、問題解決志向型の対話を進めることが大切になるのではないだろうか。  (池田大作名言100選・120P)

 我らの世代は、「対話」 といえば折伏を、折伏といえば “四個の格言” などを思い起こしますが、今どきの方々は、念仏・禅・真言宗なぞ、真剣に信じている人は殆んどおりません。初詣でとか・お祭りとか・法要とかいって、ただ慣習に従っているだけである。
 そのような一般大衆に向かって、“念仏無間・禅天魔・真言亡国” 等々と、叫んでも無意味なのである。
 
 それよりも、現実に起きている “地球温暖化・大災害・テロ暴力・戦争難民・民族地域格差” 等々の 地球的規模の問題解決が、喫緊の課題となっているである。
 なぜ、こうなったのか。それには、人間を忘れ生命を軽視する物質文明を偏重し、人間の欲望を解き放したからである。これからは、人間生命を根本尊敬とする 「人間主義文明」 を創出しなければならないと思います。
 したがって、池田先生は、世界広布新時代の対話は、“「問題解決志向型の対話」 を進めることが大切になるのではないだろうか” と、ご指導されています。

 そして、聖教新聞元旦号の漫画 “おおぞら家族” (10面)にも、対話について語っています。
  1コマ……『世界広布新時代 拡大の年』 開幕 〔拡大の年だ頑張ろう〕 おう〃 〔いかに
        拡大すべきか……〕

  2コマ……〔会って語れば人材の陣列も広がるわ〕 〔語った分だけ境涯も広がるわね〕
  3コマ……〔今年は『申年』だ 『申(さる)』 は 「申(もう)す」 の意もある〕 〔うん 大いに語る
        年だ

  4コマ……〔動いた分だけ友好も広がる〕 〔友情の拡大こそ平和の第一歩です〕
        マンガの絵は新聞で見ていただければ幸いです。

  「常楽の章一」 の後半部分には、
  対話は――
  励ましの力となる。
  希望の光となる。
  勇気の泉となる。
  生命蘇生の新風となる。

  さあ、はつらつと対話しょう
  心と心に橋を架けよう
  その地道な架橋作業の彼方、
  人も、世界も一つに結ばれ、
  人間勝利の絢爛(けんらん)たる平和絵巻は広がる。
 

 また、「グラフSGI 」 1月号には、
  2030年 創立100周年へ
  新たな地球文明の創出を と、ご指導されています。

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR