学会永遠の五指針②(幸福をつかむ信心)

 創価学会永遠の五指針② は、「幸福をつかむ信心――自他共に遊楽の人生を」 であります。  

 日蓮大聖人の仏法の目的は何か――。
 人間は、幸福になるために、この世に生まれてきました。不幸になりたくて生まれてきた人は誰一人としていません。ゆえに 「幸福」 は、古来、哲学の根本命題でした。
 そして、宗教は、本来、人間の幸福のためにこそ存在するのです。


 〔「つかむ」 という能動の姿勢〕 という項目には、
 先生(戸田)は、「幸福をつかむ信心」 と言われました。この 「つかむ」 という一言には、深い深い哲学があります。
 幸福は、他の誰かから与えられるものではない。自分の意志や努力とは無関係に、いつか突然やって来るのを待つのでもない。究極は、各人が、自分自身で 「つかむ」 しかありません。必ず 「つかむ」 ことができる信心なのです。


 先生は、「幸福をつかむ」 という一言に、各人が自発能動の信心で 「つかむ」 以外にないと指導されています。
 その 「つかむ」 べき幸福とは、相対的なものではなく 「絶対的幸福」 という幸福感である。そして 「常楽我浄の人生」 を築いていきなさいと呼び掛けられています。
 もう一つは 「衆生所遊楽」 とあるように、遊楽するには、強い生命力を発揮しなければならない。どんな苦難も悠々と楽しみながら上って行き、こうした人生の醍醐味を、味わってほしいと指導されています。

 そして、「祈り」 について、
  祈りとは、負けじ魂です。
  祈りとは、無限の希望です。
  祈りとは、絶対の安心です。
  祈りとは、不屈の前進です。
  祈れることが最大の幸福であり、人間としての最高の尊厳なのです。
 次に 「自受法楽」 とあります。法楽(法の楽しみ)を自由自在に自ら受けきっていける、まさに仏の境涯です。
 絶対の法に則り、ゆるぎない確信に立った幸福な人生を歩める。他の誰でもない、自分自身が必ずそうなるのです。

 “必ずそうなるのだ” と、絶対の確信に立てと呼び掛けられています。

 〔自他共に喜ぶ事なり〕 の項目には、
 法華経に説かれる 「随喜」 について 「御義口伝」 に、「喜(き)とは自他共に喜ぶ事なり (中略) 然るに自他共に智慧と慈悲と有るを喜とは云うなり所詮今日蓮等の類い南無妙法蓮華経と唱え奉る時必ず無作三身の仏に成るを喜とは云うなり」(761P) の御金言を用いて指導されています。
 「喜とは自他共に喜ぶ事なり」 と。自分も、他者も共に喜ぶ。そこに真の歓喜が、幸福があると言われるのです。
 幸福とは、各人が自らつかむものであり、自身の生命で感得するものです。しかし同時に、自分一人だけの幸福もありません。自分さえ幸せならあとは関係ない――それでは、利己主義です。だからといって、“自分はいいから、他の人が幸せに” というのも、十全ではない。そうではなく、“自分も人も一緒に!” というのが、本当の幸福でしょう。
 ………
 幸福もまた、「自他共に」です。

 先生は、“苦楽を分かち合う関係の中で、幸福はより大きくなるのです” と指導されています。

 〔全ての人の幸せを願う〕 という項目には、
 幸福は、誰かから奪い取ったり、誰かを踏み台にして得るものではありません。どこまでも 「自他共に」 です。ゆえに私たちは 「他人の不幸の上に自分の幸福を築かない」 という生き方を目指してきました。

 次に、「自他共に智慧と慈悲と有るを喜とは云うなり」 ―― 「智慧と慈悲」 とは、仏の境涯そのものです。どんな困難に直面しても、決して負けずに、すべてを乗り越える智慧、人々を救う慈悲の精神が湧いてくるのです。
 さらに、「今日蓮等の類い南無妙法蓮華経と唱え奉る時必ず無作三身の仏に成るを喜とは云うなり」 と仰せです。
 三身とは、法報応の三身です。
  自他ともに本来、尊極の仏であり、妙法の当体である――これが法身です。
  その深き自覚に立って、自他共の幸福を創りゆく智慧――これが報身です。
  そして、自他共の幸福のための具体的な慈悲の振る舞い――これが応身です。
 妙法を唱えゆく時、私たち凡夫の身がそのまま偉大な三身具足の仏となると明かされているのです。


 「つかむ」 べき幸福とは、「絶対的幸福」であり、それは、信心をもって仏界の生命を涌現させることに尽きます。
 先生は、この幸福すなわち、仏界・仏の境涯について説明されていますが、なかなか難しいです。“仏とは何ぞや” というのは、仏法の永遠のテーマだと思いますので、これからも、うまず弛まず研鑽していきたと思います。 

 〔幸福と勝利の波動を世界に〕 という項目には、
 大聖人は、「随喜する声を聞いて随喜し」(1199P) と仰せになりました。
 今、「幸福をつかむ信心」 の歓喜の波動が、国境を越え、民衆や言語などの差異を越えて、グローバルに拡大しゆく 「世界広布新時代」 を迎えました。
 それは、全人類がともに幸福をつかむ、民衆凱歌の世紀を開く挑戦です。
 幸福とは、日々の着実な積み重ねです。
 そして、私たちが幸福を目指す人生の根幹には、日々最高の 「祈り」 があります。
 私は今日も真剣に祈り抜き、そして、いつまでも祈り続けます。
  大切な皆様が健康・長寿であるように
  所願満足で、現世安穏であるように
  使命を成就し、後生善処であるように
  一人も残らず、幸福であるように
  大勝利の人生を勝ち飾れるように


 なんとあり難きことか、先生は “今日も真剣に祈り抜き、そして、いつまでも祈り続けます” と仰って、祈ってくださっています。我らは弟子として、世界の平和と一切衆生の幸福のために、世界広宣流布の大願成就と、池田先生・奥様の御長寿と御健康を御祈念申し上げます。

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR