学会永遠の五指針⑤(絶対勝利の信心)

 創価学会永遠の五指針⑤ は、「絶対勝利の信心――師弟誓願の不二の祈り」 であります。
 日蓮大聖人は、                        (大白・2016‐5月・37~47P抜粋)
 「仏法と申すは勝負をさきとし」(1165P)
 「仏法と申すは道理なり道理と申すは主に勝つ物なり」(1169P)
と仰せです。  

 〔信仰と人生の究極の目的〕 という項目には、
 「絶対勝利」 ――これこそ、私たちの信仰と人生の究極の目的です。戸田先生が衰弱したお体をおして熟考され、発表してくださった 「永遠の三指針」 の奥底を貫く、根本の精神です。

 ゆえに池田先生は、戸田先生の三指針に、二つの指針を加え、恩師と不二の心で 「創価学会永遠の五指針」 を定めた際に、その結びを 「絶対勝利の信心」 としたのです。全学会員の幸福勝利を願われた戸田先生のお心を深く拝してのことです、と述べられています。

 〔一切は 「師弟」 の二文字に凝縮〕 の項目には、 
 『法華初心成仏抄』 の 「よき師と・よき檀那と・よき法と此の三(みつ)寄り合いて祈を成就し国土の大難をも払ふべき者なり」(550P) の御金言を引かれて講義されています。

 日蓮仏法の根幹は、「師弟」 にあります。「絶対勝利の信心」 も、その要諦は、詮ずるところ、「師弟」 の二文字に凝縮されます。
 「師弟相違せばなに事も成べからず」(900P) だからです。師弟の ギァがかみ合っていなければ、何事も成就せず、広宣流布の進展もありません。…… これこそが、学会精神の神髄です。

 
 『法華初心成仏抄』 の 「よき師」 について、
 末法万年の民衆救済のため、如説修行の実践で自行化他にわたる南無妙法蓮華経を弘められた日蓮大聖人こそ、末法の御本仏であり、「よき師」 であられます。
 そして、この根本義を踏まえられた上で、現時点においては、
 大聖人の御遺命のままに、広宣流布のため、不惜身命で戦い抜かれた先師・牧口先生、恩師・戸田先生、SGI会長・池田先生 は、私たちにとって、広布と人生の 「よき師」 であります。   (下線部分は筆者挿入)
 したがいまして、創価学会の初代・二代・三代の御歴代会長先生を、広宣流布の永遠の師匠と仰ぎ、その死身弘法の御徳に報恩感謝申し上げるのであります。

 次に 『祈祷経送状』 の 「其れに付いても法華経の行者は信心に退転無く身に詐親(さしん)無く・一切法華経に其の身を任せて金言の如く修行せば、慥(たしか)に後生は申すに及ばず今生も息災延命にして勝妙の大果報を得・広宣流布大願をも成就す可きなり」(1357P) の御金言を引かれて、法華経の行者の 「絶対勝利」 の信心と実践について、3点にわたって御指南されています。

 〔①不退と決定の信心〕
 第1 に 「信心に退転無く」 と仰せです。決定した信心です。どこまでも妙法根本に生きるとの大誓願です。わが一念に迷いやためらいがあったり、臆病であってはならない、ということです。
 「進まざるは退転」 です。


 〔②信念と正義の信心〕
 第2 に 「身に詐親無く」 です。行動や振る舞いにおいて、偽り親しむことなく、常に誠実に信念の行動を貫くことです。信ずる道をどこまでもまっすぐ進むのです。
 また、悪を見て黙っているのは、「詐親」 になってしまいます。正法に背く悪に対しては毅然と責めていくことが、「身に詐親無く」の実践となるのです。


 〔③如説と確信の信心〕
 第3 に 「一切法華経に其の身を任せて金言の如く修行せば」 とは、仏の心である法華経を如説修行することです。私たちの立場でいえば、どこまでも南無妙法蓮華経の御本尊を根本とし、信行学を貫き、御書に仰せのままに広宣流布の大願に生き抜くことです。
 そして、「広宣流布のために」 との祈りと行動に徹すれば、自身に本来具わる、仏の無限の智慧と勇気と力が湧いてきます。それゆえに、不可能を可能へと転じていくことができるのです。


 池田先生は、大聖人の 「絶対勝利の信心」 の この三つの御指南を金言の如く修行して、昭和31年の参院大阪地方区に、白木候補を立てて戦い “まさかが実現した” と、世間に アッと言わしめたほどの大勝利を勝ち取りました。
 翌年(昭和32年)、広布を阻もうとする “魔” によって、大阪事件が起きました。
 先生は、“権力の横暴を恐れず、信念と正義を貫き、「忍辱(にんにく)の鎧」 を着て、ただただ御本尊に身を任せての戦いを誓いました” と仰っています。
 4年半にも及んだ裁判は、昭和37年1月25日、池田先生は見事、無罪判決を勝ち取り、“正義は必ず勝つ” ことが証明されたのであります。

 〔仏とは、魔と戦う勝利者の異名〕 という項目には、
 悪と戦うことで、わが生命が鍛えられます。清められます。「悪を滅するを功と云い善を生ずるを徳と云うなり」(762P) です。悪と戦う中にこそ、功徳も成仏もあるのです。
 釈尊も、魔と戦い、勝って成仏しました。「降魔成道」 です。………
 すなわち、「仏」 とは勝利者の異名であり、魔と戦い勝ってこそ 「仏」 であるということです。

 ゆえに、「絶対勝利の信心」 で 行かなければならないのです。

 〔創価の人間主義が輝く新時代へ〕
 “最後は、信心しきったものが必ず勝つ” ――正義と真実は満天下に示され、地域で、社会で、そして世界で、創価の人間主義が希求される新時代を迎えました。 ………
 創価学会・SGI の永遠の五指針は、私たちの信心を深めゆく不変の原理です。一生成仏の源泉であり、広宣流布の指標です。
 全世界の皆さんが、和楽の道、幸福の道、栄光の道、健康の道、長寿の道、勝利の道を力強く歩んでいくことが、創価の三代の師弟の根本の誓願です。
 創価学会は、永遠に師弟不二で絶対勝利の信心を貫き、凱歌の歴史を刻んでいくのです。

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR