相模原事件に思う(1)(宗教を失った社会)

 神奈川県相模原市の知的障害者福祉施設 「津久井やまゆり園」 に、元職員だった男が侵入し、入所者らを刃物で次々と襲い、男女 19人が殺害され、重軽傷者も 27人に上った。この種の事件で、これほどまでの大惨事は過去にもなかったとのことである。

 加害者の男は、取り調べに 「障害者なんていなくなればいい」 という供述をしているという。
 また、「障害者は生きていても周りに迷惑をかけるだけ、無駄に税金をかけるより、その分を子育て等に有効に使った方が国のためになり、国を救うことになる」 という趣旨の発言をしているという。
 このような考えが、世のためになると一種の正義感を持って、事件を起こしているようである。実に、思想ほど恐ろしいものはないのである。

 こんな思想は、まったくもって 道理を弁えない身勝手な独りよがりの暴論という外はない。
 誰もが障害者になるかもしれない。否、誰もが必然的に誰かの手を借りなければならない時が来る。そのように考えれば障害者の問題は、じつは自分自身の問題なのである。
 高齢化社会に突入して、ますますこの問題の重要性が増してきております。自分には関係ないと無関心を決め込むのではなく、自分から主体的にかかわって、いまの社会をみんな仲良く・安心して暮らせる・生きていて楽しい、という世の中を建設していきたいと思います。

 今年の 8月6日は、非常に意義ある日である。
 8 時より、71回目の広島原爆死没者慰霊式典が挙行された。
 同じ時刻に、ブラジルの リオ 2016 オリンピックの開会式も挙行された。
 本日の聖教新聞の連載小説 「新・人間革命(清新45)」 には、池田先生の 「宗教を失った社会」 についての指導がありますのでご紹介します。  

 近代 インドの思想家 ビベーカーナンダが 「宗教を人間社会から取り去ったら何が残るか。 獣類のすむ森にすぎない」 と喝破(かっぱ)したように、宗教を失った社会も、人間も、不安の濃霧のなかで、欲望という荒海に翻弄(ほんろう)され、漂流を余儀なくされる。 そして、人類がたどり着いて先が、科学信仰、コンピューター信仰、核信仰、拝金主義等々であった。
 だが、際限なく肥大化した欲望の産物ともいうべき、それらの “信仰” は、精神の荒廃や空洞化をもたらし、人間不信を助長し、公害や人間疎外を引き起こしていった。
 科学技術も金銭も、それを人間の幸福、平和のために使っていくには、人間自身の変革が不可欠であり、そこに宗教の役割もある。
  (聖教・2016-8/6-3 面)

 現代は、宗教を必要とする人が少なくなり、心が宗教から離れつつある情況である。これは、憂慮すべき問題である。
 ウィルソン教授は 「本来、宗教は人間にとって必要不可欠なものです」 と言われております。
 宗教を失った社会は、欲望という荒海に翻弄され、その産物ともいうべきもの(結果)が、“精神の荒廃や空洞化をもたらし、人間不信を助長し、公害や人間疎外を引き起こしていった” と指導されています。
 相模原事件は、「宗教を失った社会」 の深刻なる様相の一断面を映し出しているものであると思います。
 したがって、絶対に宗教は必要なのである。その正しい宗教によって、個人は 「人間革命」 をし、社会は 「広宣流布」 をする以外に、これらの問題の解決の道はないのであります。 
 
 聖教新聞 8月 8日付 の 「新・人間革命」 に、引き続き、宗教の重要性について指導されていますので、追記の欄を借りてご紹介いたします。

 「新・人間革命」 〔清新 四十六)
 文豪 トルストイが述べた “人間が宗教なしでは生きられない理由” を、弟子の ビリューコフは、、次の六つにまとめている。

 「第一に、宗教のみが善悪の決定をあたえるからである」
 「第二に、宗教なしでは人間は自分のしいていることが善いか悪いかを知ることが決してできないからである」
 「第三に、ただ宗教のみが利己主義をほろぼすからである」
 「第四に、宗教のみが死の恐怖を打ち消すからである」
 「第五に、宗教のみが人間に生の意義を与えるからである」
 「第六に、宗教のみが人間の平等を樹立するからである」


 ――それは、人間の幸福、世界の平和を実現するうえで、宗教の存在が不可欠であることを示すものといえよう。  (聖教・2016-8/8-3 面)

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR