相模原事件に思う(2)(万法は己心に収まりて)

 前のブログで、人は必ず年を取って死を迎える。そのように考えれば障害者の問題は、じつは自分自身の問題なのである と書きました。
 これらの見解は普通一般的なもので、誰にでも分かるものですが、人はややもすれば自身の若さや健康なるをもって、老齢者や障害者を嫌悪し、蔑視・差別化してしまいがちである。
 この事件の加害者も、このような考えのうえに、人の生命を金銭と天秤にかけ、効率主義・成果主義の風潮に流されたのではないか、と思われる。したがって、「障害者なんていなくなればいい。税金の無駄遣いになる」 等々の発想が生まれたのではないのかと思う。
 詰まるところ、生命の実相を知らず、生命の軽視が生んだ弊害ではないかと思います。

 池田先生は、米国のハーバード大学での講演で、「死を忘れた文明」 について述べられたところがあります。ご参考になると思いますので、是非お読みくだされば幸いです。
 講演 「21世紀文明と大乗仏教」 ―→ ここから

 仏法では人間の生命は、宇宙生命と同等であるとする、生命至上主義ともいうべきものをとなえています。
 日蓮大聖人は、「万法は己心に収まりて一塵もかけず九山・八海も我が身に備わりて日月・衆星も己心にあり」(1473P) と仰せです。

 私はこの御文を、初めて拝したとき、“九山・八海も我が身に備わりて日月・衆星も己心にあり” とは、なかなか理解できませんでした。自分の頭脳で想像できるからだ と思ったりもしたが、そんな思考の次元の問題でもないようだ。
 通常、私達は、自身と山川草木・日月・衆星などの森羅万象とが別々に存在していると、分けて考えている。この対立的・分割的な思考に、そのうえ自分を中心に考えると、日月・衆星などが己心に収まるとは、とうてい理解できないのである。

 仏法では、「無量義は一法より生ず」(無量義経) と説いている。
 法華経は人間や日月・衆星などの全てが、この 「一法」 から顕現したものであると説いている。そして、この 「一法」 こそ “南無妙法蓮華経” であり、“妙法” と称するものである。
 ゆえに、山川草木・日月・衆星などは、宇宙根源の 「一法」 から創出されたもので、したがって、その一法である “南無妙法蓮華経” の 「当体」 であるといえます。
 それと同じく、人間もこの根源の 「一法」 より生じたもので “南無妙法蓮華経” の 「当体」 である。
 「当体」 とは “事物そのもの” ということで、 “南無妙法蓮華経そのもの” が、そこに “ある・収まる・備わる” ことを示している。
 ゆえに、大聖人は “万法は己心に収まりて” と。 同じく、こん度は “九山・八海も我が身に備わりて日月・衆星も己心にあり” と仰せられたのである。 

 涅槃経に 「一切衆生悉有(しつう)仏性 (一切衆生に悉く仏性有り)」 と説かれています。
 一切衆生に仏性有りということは、いかなる障害者にも尊極なる仏性が有るということです。
 我が己心に、障害者の命も、否、一切衆生をも収めているのである。なかなか理解し難く信じ難い法理でありますが、仏さまの智慧はそのように説いているのである。
 ゆえに、その人々を殺すということは、実は我が身を殺していることになる。因果の理法により、大罰の報いを受けなければならなくなるのである。

 上記の法理は、人間だけでなく、国土世間すなわち、環境面においても成り立つのである。通常は 「依正不二論」 として論じられており、教学的には有名な用語であります。
 依正とは、「依報」 と 「正報」 のことで、過去の行為の報い(果報)を受ける衆生を 「正報」 といい、正報の拠りどころとなる環境・国土を 「依報」 という。
 この依報と正報は、ともに一念(生命)のなかにあり、現象面では二つであるが、相互に深い関係性があり 「不二」 (二にして二ならずの意) となる。

 大聖人は 「天崩(くず)れば我が身も崩る可し、地裂(さ)けば我が身も裂く可し、地水火風滅亡せば我が身も亦滅亡すべし」(568P) と仰せです。
 したがって、生物の頂点に立つ人間が、自己の欲望を肥大化させて、地球環境を破壊して行けば、人類自身が滅亡することになる。
 その上に今時は、人間自らが作った核兵器により、人類滅亡の瀬戸際に立たされている。
 この危機を乗り越えるには、人類が日蓮大聖人の生命哲学を持つて、自身の欲望・怒り・無明の心を変革する、「人間革命」 を成し遂げていく以外にないと思います。

 相模原事件を縁として、話が大きくなってしまったが、所詮、個人であれ、人類全体であれ、自分自身の生命について無知なることが、この世の不幸の根源であると思います。
 宗祖大聖人曰く、「命限り有り惜む可からず、遂に願う可きは仏国也」(955P) と。 

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR