夏季大学講座(B)

 午後からの講義は、恒例になっている質問会です。
 * 釈迦仏法の成仏の境涯とはどういうものかという趣旨であった思う。
 法華経の迹門では、二乗の未来の成仏を説いている。これらは所詮歴劫修行である。
 また、提婆達多品では、竜女が直ちに成仏したことが説かれている。
 釈迦仏法では、娑婆世界は穢土といわれている。三悪道は想定外として、人界以上を浄土としている。

 * 釈迦仏法は、どうして西方の中東やヨーロッパに広まらなかったのでしょうか。
 一つには、交通の便・不便という問題があるのではないか。
 釈迦仏法が、世界へ広まったのは大乗仏教の時代になってなってからである。その時には、イエス・キリストも出現している。

 その他、多くの質問があり、時間も 30分以上に亘った。概して、質問の内容が難しかった。(聞き取り難かった点も含めて)
 質問者は信仰者の立場で問い、先生は仏教学者として答えられ、その間において多少の ズレが感じられた。
 時間の制約もあるでしょう、日蓮仏法との関連性についての解説がありませんので、質問者によっては、回答が腑に落ちないと感じられた方も居られるのではないかと思われます。

 〔観世音菩薩普門品〕
 普門品は、独立単行されて 『観音経』 と呼ばれる。観世音菩薩の名を唱えるならば、観世音菩薩はすぐにその衆生の唱える声を聞いて、衆生を苦難から救済してくれることを説く。すこぶる現世利益的な内容なので、中国・日本において、広く観音信仰が流行した。
 観世音の語源は、Avalokitesvara であり、直訳的には、後に玄奘が訳したように 「観自在」 が正しい。
 では、なぜここでは観世音と訳されたのであろうか。 これには、Avalokitasvara (svara は音の意) が原語だったのではないかとする説 (この場合 Avalokita が観世と訳されたことになり、lokita が loka = 世間と混同された可能性があるとされる)。
 観世音菩薩は衆生の苦しみの音声、救いを求める音声を観察して、救いの手を差し伸べるという働きを持つことから、観世音と訳したのだという説などがある。


 観世音菩薩の名号受持の功徳について、
 ① 大火に入っても、観世音菩薩の名を心にとどめれば、火も焼くことができない。
 ② 大水の流されても、観世音菩薩の名を唱えれば、浅い所にたどり着く。

  ………
 等々の九つの功徳を説いている。
 このように、観世音菩薩の名を唱える偉大な功徳を列挙した後に、釈尊は無尽意菩薩との問答によって、六十二億恒河沙の菩薩たちの名を受持(記憶する意)し、一生涯、飲食物・衣服・寝具・医薬を供養する功徳はとても多いが、観世音菩薩の名を記憶し、短い間でも礼拝・供養する人の功徳はこれとまったく等しく、百千万億劫という長い時間でもなくならないほどであることを明かす。
 
 『御義口伝』 に、観音妙の事について、
 「妙法の梵語は薩達摩(サダルマ)と云うなり、薩とは妙と翻(ほん)ず此の薩の字は観音の種子なり仍(よっ)て観音法華・眼目異名と釈せり、今末法に入つて日蓮等の類い南無妙法蓮華経と唱え奉る事は観音の利益より天地雲泥せり」(776P) と仰せです。

 『法華経の智慧』 を参照いたしたいと思います。

 斉藤 大聖人は 「観音法華・眼目異名」 という天台宗の言葉を挙(あ)げておられます。
 観音と法華は名前は違っているが、その眼目は同じであり、妙法そのものであるということです。

 名誉会長 じつは、観音菩薩とは、寿量品で示された久遠の本仏の生命の一分です。 宇宙と一体の本仏の 「限りない慈愛」 を象徴的に表したのが観音です。 だから久遠の本仏を離れては、観音菩薩の生命はない。 魂のない抜けがらのようなものです。

 遠藤 妙法を信受しないで、観音を拝んでも本末転倒であるということですね。

 名誉会長 久遠の本仏の生命――御本尊はのなかに、観音菩薩も含まれている。
 御本尊の――妙法の功力の、ごく一分が観音菩薩の働きなのです。
 古来、観音品ほど多く論じられてきた品もない。 「観音経」 として独立して信仰されてきた歴史もある。 今なお、各地で 「観音菩薩像」 が次々に建立されている。 また日本では特に人気のある 「般若心経」 も、観音が説法する経典です。
 しかし、その割には、「観音」 の力の源を多くの人が誤解している。 その 「力の源」 とは 「妙法」 です。 妙法を釈尊滅後に弘めていきなさいというのが法華経の 「流通分」 であり、観音品もその一つです。
 観音品は、あらゆる仏典の中で、観音菩薩が登場した一番古い経典です。 ここで、ちゃんと位置づけられている。 観音菩薩も妙法――寿量文底の南無妙法蓮華経――によって、人を救う 「力」 を得ているのです。


 遠藤 根源の 「妙法」 を離れて、「観音」 を拝んでも、意味がない。 かえって観音の願いに背いてしまうということですね。  (法華経の智慧6巻・98P)   

 〔陀羅尼品〕
 薬王菩薩と勇施菩薩、毘沙門天王、持国天王が順にそれぞれ呪文を説いて 「法華経」 を読誦する法師を守護することを誓い、最後に十羅刹女が鬼子母とその子、仲間たちとともに呪文を説いて、「法華経」 を読誦する法師を守護することを誓う。
 陀羅尼は dharani の音写で、総持と漢訳される。もともと経典を記憶する力、善を保持する力を意味するが、ここでは仏の教えの エッセンスで、神秘的な呪力があるとされる、比較的長い呪文の意である。


 『御義口伝』 に、陀羅尼の事について、
 「陀羅尼とは南無妙法蓮華経なり、其の故は陀羅尼は・諸仏の密語なり題目の五字・三世の諸仏の秘密の密語なり、今日蓮等の類い南無妙法蓮華経と唱え奉るは陀羅尼を弘通するなり捨悪持善の故なり」(777P) と仰せです。

 陀羅尼とは、呪文と訳する。三世諸仏の秘密の中の秘密の言葉とは、“南無妙法蓮華経” のことである。
 南無妙法蓮華経と唱え、折伏していくのは、この陀羅尼の意義(捨悪持善)を、事実の上で弘めていることになるのである。ゆえに、何も意味は分からなくても、自然のうちの護られて、幸福境涯になっていくのである。 

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR