「希望の源泉」(8)(現実を変革する哲学)

 「希望源泉」(池田思想を読み解く) の第 8 回 は〔『法華経の智慧』 と 「世界宗教の条件」〕 であります。 (雑誌・第三文明3月・52P)

 〔なぜ 「法華経の智慧」 だったのか〕
 佐藤 優  『法華経の智慧』 は池田会長が創価学会の 「世界宗教化」 を見据え、「S G I が世界宗教となった時代」 のために用意した書物であると、私は捉えています。 「世界宗教としての創価学会」 が、全編に通底する大きな テーマなのです、 と。
 そして、世界宗教化の途上にあるということを、日本の識者たちも少しずつ認めつつあるとの見解を示されています。

 その端的な例として 「朝日新聞」 に、原田創価学会会長への インタビュー記事(2016‐9‐22日付)が掲載された。
 佐藤  何が重要かといえば、第一に、“現在の創価学会は、原田会長をはじめとした執行部で相談して大きな方向性を定める 「集団指導体制」 になっている。 ただし、重要な問題については、執行部は池田会長に報告し、指導を受け、判断を仰いでいる” ということを明言している点です。
 これは、世間にはびこる無責任な噂(うわさ)を打ち破る発言だと思いますし、それを 『朝日新聞』 が掲載したことに大きな意義があります。………
 さまざまな客観的事実から、原田会長は真実を語っていると朝日が判断したからこそ、掲載された発言なのです。

 朝日新聞といえば、我が国一流の新聞社である。私はどちらかといえば、学会に対して非友好的な考えの新聞社であると思っていました。
 しかしその新聞社からして、創価学会の世界192ヵ国に亘る 「世界宗教化」 という現況を鑑みたとき、もうそれを無視することができない時代に入った、ということだろうと思います。

 第二に、原田会長の発言のなかに、「世界宗教」 という ワーディング(言い回し)がきちんと入っている点が重要です。 「(創価学会は)どのような行動原理なのですか」 という質問に対して、会長は次のように答えているのです。
 「(宗祖である)日蓮の思想には世界の民衆を救うという目的がある。 私たちが国内にとどまらず 『世界宗教』 を目指すのもそれが根本にあるからです」

 創価学会が、ただ単なる特殊的な日本の教団ではなく、普遍的な価値観を持ち、実践して、世界宗教になりつつあることを、偏見を持たず、“正視眼” で物事を判断できる優秀な編集幹部がいるということだと思います、と語られています。 

 ――  日蓮仏法の卓越性を訴えるためには、『法華経の智慧』 ではなく、ストレートに 『日蓮の智慧』 『日蓮仏法の智慧』 などとしたほうが、ある意味で 「手っ取り早かった」 かもしれません。 との問いに、

 佐藤  私は思うに、あえて 『法華経の智慧』 を テーマに据えたのは、日蓮仏法よりも釈尊と法華経のほうが、現時点での世界的知名度・浸透度が大きく上回っているからでしょう。 つまり、釈尊と法華経を表に出したほうが、世界の人々にすんなり受け入れられやすかった。………
 ただ、これだけの消極的な アプローチだけではなく、
 むしろ、釈尊と法華経という入り口から入り、そこから日蓮仏法へと論を展開していくからこそ、釈尊と日蓮の関係性や、「正法・像法・末法」 という仏教史的 スケールにおける日蓮と創価学会の位置づけ、「地涌の菩薩」 の意義などが、くっきりと浮かび上がる構成になっているのです。

 釈尊の法華経は、末法では “時と機” が違い役に立たないと切り捨てしまえば、日蓮仏法はその存立基盤が失われることになります。日蓮仏法といえども、法華経を根底として打ち立てられた法門なのである。
 日蓮大聖人は、法華経の文の底に秘し沈められていた大法、久遠元初の妙法を “南無妙法蓮華経” と名付けて、我ら衆生に与えて下さいました。
 これを証明するためには、法華経に説かれている、“久遠j実成” “上行菩薩” “虚空会” 等々の法理を援用することが必要である。 ゆえに、「日蓮仏法の智慧」 より、『法華経の智慧』 のほうが、的を射ているように思います。

 〔「現実変革の哲学」 としての法華経〕
 佐藤  私が学会員の皆さんと接するなかで、大きな魅力の一つとして感じるのは、決して極端に走らない バランスのよさです、 と語られています。
 ………
 池田会長の次のような発言を読んで、学会員の皆さんの 「バランスのよさ」 は、法華経そのものが内包する志向性の反映なのだなと感じたからです。
 「“この世に埋没する” 現実追従。 “この世に目をつぶる” 現実拒否。 “あの世に逃げる” 現実逃避――。 大聖人は、旧来の天台宗を、また禅宗・念仏宗を強く批判された。 それらはすべて 『諸法の実相』 に背いているのです」 (「普及版」上巻・206P)

 「現実追従」 は天台宗に対応している。天台本覚思想によれば、人間の本性は仏そのものなのであり、成仏を目指しての修行は何ら必要なかった。現実のすべてをありのままに受け入れ、変革の努力を放棄したところに宗教思想としての堕落の面を見ることができる。
 「現実拒否」 は禅宗である。戒・定・慧の三学のうち、特に定を強調している。坐禅入定の修行によって、我が身が即仏する(即身即仏)というもので、仏祖にもよらず、画像木像をも否定し、教外別伝・不立文字といって仏典をも否定する。仏の所説に従わないのは、魔の所為以外の何ものでもない。ゆえに、大聖人は 「禅宗は天魔の所為」(1073P) と喝破されている。
 「現実逃避」 は念仏宗である。浄土の三部経以外の一切経を 「捨・閉・閣・抛(しゃへいかくほう)」 といって、“聖道を捨て……定散の門を閉じ……聖道門を閣(さしお)き……諸の雑行を抛(なげう)ち” して、現実の娑婆世界を穢土として厭い、在りもしない弥陀の西方十万億土を欣求するとは、実に はかなく虚しい宗教である。
 日蓮仏法における現実との向き合い方は、このいずれでもないのである。

 佐藤  池田会長は同じ個所で、次のように言葉を続けています。
 「法華経の諸法実相は 『現実を変革する』 哲学です。
 運命論には従わない。あきらめにも同調しない。それ等の無力感をはね返す “ばね” を開発する。 『だからこそ変えていくのだ』 と闘志を奮い立たせる。 そして 『自分は今、何をすべきか』 と問い続ける責任感を呼び起こすのです」
 (同)
 この一節にはまさに、運命の波浪のなかでも自分の使命というものを決して忘れない。 学会員の皆さんの 「強さ」 と 「バランスのよさ」 が、見事に表現されていると感じます。

 「現実を変革する」 まさに、“人間革命” のことであります。引き続き、先生のご指導がありますのでご紹介します。  (「法華経の智慧1巻・237P)
 池田先生は人間革命は即、社会革命・環境革命になる。
 ………
 依報も正報も、別々のものではない。 不二です。 ここから、人間の変革が国土・社会の変革に通じるという原理が生まれる。
 諸法実相という仏眼から見れば、森羅万象は、ひとつの生命体です。 正法だけの幸福はありえない。 依報だけの平和もありえない。 自分だけの幸福もなければ、他人だけの不幸もない。 人を幸福にした分、自分も幸福になるし、だれか一人でも不幸な人がいる限り、自分の幸福も完全ではない。 こう見るのが諸法実相であり、ゆえに、「現実変革への限りなき挑戦」 が、諸法実相の心なのです。
 ………
 民衆を苦悩から救うために仏法はある。 創価学会はある。 人類を幸福にするために創価学会は戦う。 それ以外に存在意義はありません。
 その学会とともに進む人生は、どれほど偉大か。 どれほど尊いか。
 諸法実相の眼で見れば、「いま」 「ここ」 が、本有の舞台です。 本舞台なのです。 「此(ここ)を去つて彼(かしこ)に行くには非ざるなり」(781P) です。
 「宿命」とも思えるような困難な舞台も、すべて、本来の自己の 「使命」 を果たしていくべき、またとなき場所なのです。
 その意味で、どんな宿命をも、輝かしい使命へと転換するのが、諸法実相の智慧を知った人の人生です。
 そう確信すれば希望がわく。 出会う人々、出あう経験のすべてが、かけがえのない 「宝」 となる。
 

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR