「希望の源泉」(10)(譬喩の力)

 「希望源泉」 (池田思想を読み解く) の第 10回は、池田思想にちりばめられた 「譬喩の力」であります。 (第三文明・2017‐5月・53P)

 ソ連社会の根底に息づいていたロシア正教
 宗教否定の旧ソ連も、目に見えない形で ロシア正教からの影響があった。その例えとして、レーニン廟(びょう)を引いています。
 ロシア正教には 「聖人は腐らない」 という教えがあって、レーニンの遺体を防腐処理して安置することによって、ロシアの民衆は 「聖人である証だ」 と考えるわけである。
 旧ソ連は、共産主義によって宗教を消し去ろうとしてが、根っ子の部分では宗教色は残っていたわけです。佐藤氏は、ソ連の共産国家について次のように述べています。
 
 佐藤 優  「宗教色がの残っていた」 というよりも、ソ連自体が、それまでにあったロシア正教を置き換えたものだったんですよ。 教会を共産党に置き換え、イエス・キリストを レーニンなり スターリンなりに置き換え、神を共産主義の理念に置き換え、「神の国」 を共産主義社会に置き換えた。 つまり、宗教的 イメージを政治的 イメージに置き換えることによって、ソ連という共産国家が成り立っていたのです。

 旧ソ連は、宗教否定の共産主義国家であったが、ソ連崩壊後は、あっという間に宗教が復興した。革命以来の七十年間に、ソ連では宗教が根絶やしになっている筈なのに実際にはそうなっていなかった。政治体制の如何よりも宗教のほうが、より深い次元では、根を張り息づいているものである。
 宗教の根強さを思っている時、仏教発祥の地 インドで、仏教が滅んでしまったことを、ふと思った。同じ宗教なのに、一方は残り、片一方は滅んだ。しかも、仏教の方が教えは高いにも関わらずである。

 少々余談になるが、滅亡に至る一番の理由は、小乗教の出家僧の堕落に始まる 釈尊の 「神格化」 にあるという。人間釈尊がいつの間にか、「神」 として崇(あが)め奉(たてまつ)られる存在になってしまった。
 ダイアモンドを磨くためには、ダイアモンドでしか磨けない。それと同じように、人間(弟子)の人格を磨くには、人間(師匠)が磨くのである。
 人は神にはなれないけれど、弟子は師匠と同格か、またそれ以上の境涯にもなれる。ここに、仏法が 「師弟不二」 を標榜する謂(いわ)れがある。
 それにしても、人間は自身を変革しょうとするよりも、自分以外の絶対者(神など)を想定して、その力にすがり恩寵(おんちょう)を受けようと願うもののようである。このような 既成宗教の信仰姿勢を、創価思想をもって正してあげなければならないと思う。

 「譬喩の力」 を SGI の世界宗教化に生かす
 「譬喩の力」 について 池田先生は、次のように述べられています。
 もし仏が 「私は十の何百乗年間という昔に仏になった」 と言ったとしても、弟子はそれを 「はい、そうですか」 と、受け身で聞くしかない。
 しかし “三千大千世界を粉々にして、一つの国土ごとに一粒ずづ落として……” と、「物語」 として聞けば、弟子はその長遠さを自分で イメージし、能動的に考えることができる。
 (法華経の智慧2巻・6P)
 つまり、単に知識を 「受け身」 で聞くのではなく、“自分で考える” といいう 「能動的な精神作用」 を促すことになると語られています。
 
 佐藤  「譬喩品」 の章で池田会長も、譬喩という言葉を広く解釈した次のような発言をされています。
 「生活のうえに現れる信心の実証は、妙法の功力を説明する 『譬喩』 です。 現実生活の実証は、妙法の真理を雄弁に物語っているのです。
 四条金吾、池上兄弟など、大聖人門下が苦難を乗り越えた実証の姿は、同じ問題に直面した私たちにとって大きな激励となっています。(中略)
 この原理は、私たちにとっても同じです。 私たち一人一人の勝利の体験が、多くの人に勇気と希望をあたえる。 すなわち、その体験は、妙法の力を表す譬喩となっているのです。(中略)
 個別の体験は普遍の妙法の 『譬喩』 です。 体験中心の座談会は現代の 『譬喩品』 であり、現代の 『七譬』 であり、『無量の譬喩』 です」
 (「普及版」上巻・263~264P)
 これは池田会長らしい、実に巧みな説明だと思います。 『聖教新聞』 に日々掲載される信仰体験にみなぎる 「難を乗り越える力」 の源を、見事に浮き彫りにする言葉になっています。 

 佐藤氏は、『新・人間革命』 の中に書かれている譬喩ついて、次のように述べています。
 佐藤  池田会長が書き続けておられる 『新・人間革命』 も、創価学会史であると同時に、日本中、世界中の学会員、SGI メンバーの体験を集めた一大群像劇ですから、あのなかに描かれた多くの体験も、学会員の皆さんにとって “大いなる譬喩” であると言えそうですね。 つまり、さまざまな苦難に直面したとき、今の自分とよく似た苦難を乗り越えた体験を 『新・人間革命』 のなかに見いだせば、「そうか。 私もこんなふうに乗り越えればいいんだ」 と思える。 すなわち、“ごく近い将来、自分が苦難に勝利した姿の譬喩” として、その部分を読むことができるわけです。
 純粋な教科書・理論書からは、そのような体験は生まれにくいでしょう。 生身の人間の体験が集められた書物だからこそ、譬喩として機能し、自らの立場に置き換えて受け止めることができる。 その意味で、「譬喩品」 の章にあるとおり、
「ともすると、現実生活を離れた理論のなかに仏法の深い真髄があるかのように錯覚しがちですが、足下(あしもと)の現実こそが仏法であるということを、法華経の譬喩は教えてくれている」 (上巻・263P) のです。 (同書・55P)

 以上、佐藤氏の発言の一部分を引用させて頂いているが、「希望の源泉」 等を読んでみて いつも思うことは、外部の方であるにも関わらず、私ごとき下手な学会員よりは、法華経・池田先生・創価学会等について、その本質的なところまで良く理解されていると、つくづく感心させられること大である。
 いまや、「世界広布新時代 拡大の年」 を迎え、諸天善神として “普賢菩薩の威神の力”(780P) を発揮されている方だ と思っています。
 これからもお元気で、ますますのご活躍をお祈りいたします。

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR