「新・人間革命」〔雄飛の章〕(九州から反転攻勢)

 現在 「聖教新聞」 に連載されている 「新・人間革命」 の 〔雄飛の章〕 には、第五次中国訪問の模様と、お疲れのところ、わざわざ長崎で途中降りられて、会員を激励され、反転攻勢の戦いの模様が記されています。

 池田先生は、第五次中国訪問の帰途、一九八〇年(昭和五十五年) 四月二十九日の午後、九州の長崎空港に到着されました。
 当時、第一次宗門事件の真っ最中で、宗門は池田先生に対して、理不尽にも “一切の会合に出てはいけない。会員に指導してはいけない。聖教などの機関紙誌に載せてもいけない” 等々と、創価の師弟の絆を引き離そうとする、広布破壊の魔の正体を現わしていた。
 先生は、退転・反逆者や宗門僧らによる謀略の鉄鎖を断ち切って、新生の広宣流布の道を開くために、長崎から福岡、大阪、名古屋などで、記念勤行会や各種会合に出席され、全力で同志を励まそうと決意されました。

 長崎では報道各社の合同の記者会見があり、そのあと、訪中団メンバーとの懇談を行い、皆をねぎらいました。
 懇談が終わったあと、伸一に同行していた 「聖教新聞」 の記者が言った。
 「帰国報道のほかに、先生が長崎文化会館で長崎支部結成二十二周年記念幹部会に出席されたことも、記事にしたいと思います」
 「かまいません。事実を隠(かく)す必要はない。創価の師弟が分断され、不二の心が失われていけば、広宣流布はできない。 だから私は、同志と共に戦いを開始します。 私の今後の予定も発表しょう。 さあ、反転攻勢だ 戦闘開始だよ
 翌 四月三十日付の 「聖教新聞」 一面には、伸一の帰国や記者会見の模様、記念幹部会への出席の報道とともに、「名誉会長は、長崎のあと福岡、関西、中部の会員の激励・指導にあたると予定になっている」 と記されていた。
 この一文は、読者の目をくぎ付けにした。 日本列島に歓喜の激震が走った。


 福岡へ移動する三十日、先生の乗った特急列車は、停車するどの駅にも学会員が集まってきていた。福岡行きは、既に新聞発表されていたために、どの列車に乗られるかは容易に察しがついたのである。
 皆、先生の姿を見つけると、満面の笑みで手を振り、信心修行に頑張ることを決意したのである。

 五月一日午後、福岡市早良区の九州記念館を訪問。
 夜には博多区の九州平和会館での福岡県本部長会に出席し、獅子の魂を注ぎ込む思いで訴えた。

 「『広宣流布の胸中の旗』 を、断じて降ろしてはならない
 「『折伏の修行の旗』 を、決して降ろしてはならない
 「『一生成仏の、信心の光』 を、消しては絶対にならない

 彼は、この言葉を、強く繰り返した。
  (雄飛 二十二・聖教・2017-7/10・3面)

 この雄飛の章の九州指導が始まって、私は上記の指導が何時・記載されるのか、心待ちにしていました。
 当時、約一年間、聖教新聞には先生のお写真やご指導は一切なく、皆・何となく寂しい想いや元気をなくしていました。このような時に、先生の上記の三指針のご指導に接し、目の覚める思いで、また、やらんかなの意気に燃えたことを懐かしく思い出します。

 今まで私は、このご指導は、長崎で発せられた九州指導の第一声の指導であると思っていました。しかし、「新・人間革命」 では福岡の本部長会での指導となっています。私の記憶の間違いなのかもしれません。
 しかし、先生は “この言葉を、強く繰り返した” と仰っています。ゆえに、ただ一か所の一回限りの指導ではないと思います。
 この反転攻勢の戦の中、折に触れて同趣旨の指導は、何回も繰り返されていると、僭越ながら推察申し上げるものであります。

 今年の梅雨時に、福岡・大分両県にまたがる、筑後川支流の山あいの地域に大災害が発生しました。被災された方々に心からお見舞い申し上げます。とともに、何時・大難に遭うのか、他人事とは思えない感がいたします。
 これからの一生、如何なる困難なことが起ころうとも、御本尊を抱きしめて、この三指針の、
 「広宣流布の旗」 「折伏の旗」 を決して降ろしてはならない。「信心の火」 を絶対に消してはならない という、先生の “獅子の魂を注ぎ込んだ” このご指針を、肝に銘じて頑張ります。

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR