鳩摩羅什

 2月15日の聖教新聞に、インドにおいて、鳩摩羅什研究の国際セミナーが開催されたとありました。鳩摩羅什(くまらじゅう) といえば、法華経の漢訳者として有名です。

 日蓮大聖人は 「月氏より漢土へ経論わたす人一百七十六人なり其の中に羅什一人計りこそ教主釈尊の経文に私の言入れぬ人にては候へ」(1007P)  と讃えられています。この名訳があってこそ、法華経の精神は、中国そして日本へと正しく伝えられ、大聖人様によって真の仏教が確立され、それが今、創価の民衆運動によって、全世界に平和と生命尊厳の哲学として展開されています。

 同セミナーにて、東洋哲学研究所の川田洋一所長は 「妙法蓮華経」 について、三つの点から論じられています。
 第一は 「万人成仏」 の思想である。法華経方便品の 「諸法実相」 の法理が示すように、すべての人々の生命には 「仏性」 がそなわっている。人種や性別、文化など一切の差異を超えて人間は平等であり、尊厳を持つ存在であると説く。

 第2は 「永遠なる仏」 の思想である。寿量品で説かれる 「久遠仏」 は、釈尊が覚知した宇宙根源の法と一体である。ゆえに 「永遠なる仏」 は 「永遠の救済仏」 なのである。戸田2代会長は 「この宇宙は、みな仏の実体であって、宇宙の万象ことごとく慈悲の行業である」 と述べているが、大宇宙の慈悲の働きに支えられて、人類共生の社会の創出が可能となる。

 第3は 「菩薩道の実践」 である。これは 「久遠仏」 の働きを自らの使命として生きる人々――即ち菩薩群の活動を意味する。羅什訳 「妙法蓮華経」 に示される三つの思想を、人類の平和と幸福のために、現代において具現化しょうとする仏教団体が創価学会・SGIである、
と述べられています。

 インド文化国際アカデミー理事長ロケッシュ・チャンドラ博士は、「法華経を世界に伝えた人物が3人いる。鳩摩羅什が釈尊の悟りを表現し、日蓮大聖人が実践の中で新たな生命を吹き込み、池田会長がそのメッセージを世界192カ国・地域に広げたのである」 述べ、会場に賛同の拍手が鳴り響いた。

 以上のように、法華経並びに鳩摩羅什の業績が、称嘆されクローズアップされてきました。思えば、20世紀は余りにもイデオロギーとイデオロギーが激突し、数多くの人命が失われ、悲惨な結末を迎えてしまった。それでも今なお、各地域ではこの状態は続いています。

 今までの西洋の唯心・唯物の思想哲学は、問題解決の力とならず行き詰まってしまった。現今の諸問題すなわち、環境破壊・民族人種差別・貧困経済格差・資源エネルギー・地域宗教間紛争・等々の原因は、みな人間生命の(むさぼり)・(いかり)・(おろか) の三毒より起こるものであると、日蓮仏法は教えています。

 この三毒が、法身般若解脱の三徳と転じ解決できるのが、日蓮大聖人の 「色心不二の大生命哲学」 なのであります。したがって、外部環境ではなく、人間生命の変革・人間革命するしか、問題解決の道はない分けです。

 いま心ある人々は、これに気づき・これを求めようとしています。わが創価学会員は、日蓮仏法による人間革命の池田思想を、声を大にして訴えるものである。

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR