FC2ブログ

「希望の源泉」(15)(学会の座談会)

 「希望源泉」(池田思想を読み解く) の第 15回は、『法華経の智慧』 から考える 座談会の意義 であります。
 今回から 「授記品 第六」 の章に入ります。  (第三文明・2017/10月・53P)

 「集合知」 に満ちた 学会の座談会
 池田会長は冒頭で、「座談会は “大河” です。 あらゆる活動は、その大河に注ぎ込む “支流” です」、「座談会にこそ学会の 『心』 がある」 (法華経の智慧第2巻・115P) と語っています。

 佐藤 勝  創価学会の座談会には、いわゆる 「集合知(集団的知性)」 が満ちていますね。 ごく簡単に言えば 「みんなで作る知恵」 のことです。
 近年、個々の専門家による 「専門知」 の危(あや)うさが露呈してきたのとは対照的に、多くの人々の意見が集約されるなかから生まれてくる 「集合知」 は、「認知バイアス」 などの偏(かたよ)りがなくなって正解・最適解にたどりつく確率が高いことがわかってきました。 それは言い換えれば、「真の英知というものは、独(ひと)りよがりの解釈の対極にある」 ということでしょう。
 もちろん、集団で考えれば即座に 「集合知」 が生まれるというわけではありません。 逆に、一人で考えるよりも愚かな結論に至る “集合愚” に陥(おちい)る危険性もあるのです。……
 集合知が生まれる条件として、意見の 多様性・独立性・分散性・集約性(=個々の意見を集団のものに統合するメカニズムがあること) の四つを挙げています。
 私は、学会の座談会はこの四条件を兼備していると思います。 世代も職業も立場も多様な人々が集(つど)い、多様な意見を自由に語り合う場であり、なおかつ、師である池田会長の存在という共通項によって 「統合」 されているからです。

 
 佐藤氏は、学会の座談会は、集団的知性に満ちています。 世間では、専門知識を持たない一般大衆の言うことなど、信用に値しないという見方が一般的である。
 しかし、学会には “民衆は賢明であり、民衆の声のなかにこそ真の英知がある。 為政者やエリートたちは、民衆の声に耳を傾けなければならない” とする思想が、一貫して存在している、と語られています。
 そして、“師である池田会長の存在という共通項によって 「統合」 されている” と。
 私は、この一点が大切であると思います。 師を求め、法華経を研鑽し、人間革命をなしゆく場である座談会は、一般世間の単なる趣味や癒しの集いとは違い、そこには人生の蘇生・勝利の ドラマがあり、希望や栄光がある。
 そして、広宣流布を目的とした創価学会丸という船を浮かべる “大海” であり、広布の “推進力” であります。
 先生は、「座談会には、大宇宙を貫く法を説ききった 『哲学』 がある。 どんな人をも包みゆかんとする 『潤(うるお)い』 がる。 どんなに宿命に打ちひしがれていても、“もう一度、頑張ってみよう” と奮(ふる)い立たせずにはおかない 『希望』 がある」 と述べられています。 (同書2巻・117P)

 なぜ座談会は 「民主主義の実像」 なのか
 池田会長が学会の座談会について、次のように語られています。
 「笑いあり、涙あり、感動あり。 決意と感謝の心が響き合い、悩みが勇気に、疲れが充実に変わる。 “庶民のオアシス”。 それが学会の座談会です。
 この小さな集いに 『人間共和の縮図』 がある。 『民主主義の実像』 がある。 『信仰と家庭と地域とを結ぶ広布の脈動』 がある」
 (同書2巻・118P)

 佐藤  人間には、群れをつくる本能があります。 ゆえに、アトム(原子)的個人と国家が直接結ばれるのではなく、その前にまづさまざまな中間団体が成立し、その中間団体が国家と個人の間に介在して両者が結ばれるのが、社会の自然なありようなのです。 だからこそ、さまざまな中間団体がきちんと機能していることが、健全な民主主義のためには極めて重要になるのです。 カルヴァン派(スコットランドの長老派)教会の例で言えば、小会・中会が中間団体となって、個々人の声をきちんとすくい上げているからこそ、大会における意思決定がうまくいくのです。
 そのような中間団体が機能せず、個人と国家が直接結ばれてしまうと、個人にすべての権限が与えられ、国家はその権限の ストレートな代表になってしまうので、国家主義などの偏った思想に結びつきやすいのです。
 ………
 現代日本においては、中間団体の多くが、昔に比べて力を失っています。 労組(ろうそ)は弱体化し、地域共同体は崩壊の淵(ふち)にあります。企業も、終身雇用制が危機に瀕(ひん)しているため、昔のように社員とその家族を結ぶ強い絆(きずな)ではなくなっています。 残るは宗教団体ということになりますが、日本の津々浦々にくまなく存在し、中間団体として社会に溶け込んでいる宗教団体は、それこそ創価学会くらいなものではないでしょうか。
 中間団体がきちんと機能することを民主主義の根幹と捉えれば、中間団体の弱体化は民主主義の危機とも言えます。 そのなかにあって、創価学会は日本有数の中間団体として生き生きと活動を続けているのですから、学会こそが日本の民主主義を下支えしているとも言えるのです。
 そのように考えると、学会の座談会には 「『民主主義の実像』 がある」 という池田会長の言葉には、強い重みと説得力があります。


 佐藤氏は、近代の大きな社会では、バラバラな個々人が国家と直接 「社会契約」 を結ぶことには無理があると語っています。ゆえに、国家と個人の間に介在する中間団体の存在が、健全な議会制民主主義のためには極めて重要であると語っています。
 しかし、現代日本においては、さまざまな中間団体の多くが、昔に比べて弱体化してきています。そのなかにあって、宗教団体の創価学会だけが、生き生きと活動していることは、日本の民主主義を下支えしていると言っても過言ではないと、絶大なる エールを送ってくださっています。
 さあ、この確信と自負をもって、来る 10・22 衆議院選挙において、創価パワーを満天下に示して大勝利しましょう。

テーマ : 法華経の智慧
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 82歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR