FC2ブログ

「希望の源泉」(16)(仏法の師弟観)

 「希望源泉」 (池田思想を読み解く) の第 16回は、創価学会における 「師弟の絆」 を考察する であります。
 今回は 「授記品」 の章の残りと、次の 「化城喩品」 の章です。  (第三文明・2017/11月・53P)

 絶対的幸福への レール
 「授記品」 の章の メインテーマは 「成仏」 です。「授記」 とは、「あなたは未来の必ず成仏できる」 という保証の言葉を、仏が弟子に授けることを意味しています。
 佐藤 勝  池田会長は次のように述べています。
 「端的に言えば、成仏とは、一つの 『ゴール』 に至ることということよりも、絶えず仏界を強め続けていく 『無上道の軌道』 に入ることなのです。
 法華経の迹門では、まだ歴劫修行の成仏観から出ていません。 それで、『遠い未来に成仏する』 という授記になる。 しかし、その本意は、『仏と同じ道を歩ませること』 にあるのです。 仏が歩んだ 『生命の軌道』 『絶対的幸福への レール』 に確かに乗ったよ、と保証するのが授記です。
 『色相荘厳の仏に成る』 という爾前迹門の成仏ではない。 仏が歩んだのと同じ 『軌道』 を歩み続けること自体が成仏なのです」
 (法華経の智慧2巻・120~121P)
 そのような池田会長の、ひいては創価学会の成仏観を知れば、一部の人々が言う 「創価学会は “池田本仏論” だからけしからん」 などという批判は的外れであることがわかります。 成仏が 「『無上道の軌道』 に入ること」 である以上、池田会長も当然その軌道に入っておられるわけで、成仏を約束された身であると捉(とら)えても、本来何の問題もないはずです。 
 
 仏と同じ 「軌道」 を行くとは、法華経を 「受持」 することです。 神力品には 「我が滅度の後に於て・応(まさ)に斯(こ)の経を受持すべし・是の人仏道に於て・決定(けつじょう)して疑有る事無けん」(384P) とあります。
 御本尊を受持する学会員は、「仏道」 を間違いなく歩んでいる。ゆえに、その人の成仏は疑いないのであります。
 上記のような成仏観からすれば、池田先生のみが仏であるとする “池田本仏論” なる批判は、もともと成り立たないのである。
 
 佐藤  それから、私が強い印象を受けたのは、池田会長が 「授記」 の持つ意味について、次のように述べている部分です。
 「元来、授記とは、明快な答えを述べ、人びとの心の疑いを解決することだね。
 リーダーは常に 「明快」 でなければならない。 あいまいは悪です。 人々に不安を与えるからです。 『確信をあたえる』 のが 『授記』 の ポイントです」
 (同書2巻・125P)
 この一節のとおり、池田会長の言葉、ひいては創価学会で用いられる言葉は、常に明快であいまいさがありません。 その明快さの根底には、人びとに不安を与えず、確信と希望を与えようという意図があるのですね。

 対談者も “人々の苦しみを取り除くことが最優先事項であるからこそ、「宇宙は有限であるか、無限であるか?」 などという形而上(けいじじょう)的な問題、観念的な問題はあまり扱わないのです” と語られている。
 要は、民衆救済とはあまり関係がない、教義のための教義ではなく、現実の問題・苦悩を解決するための学会の教義である。 だからこそ、常に明快であります。

 師弟は同じ目的に向かって前進し続ける
 ここから 「化城喩品第七」 の章に入ります。 この章では、創価学会の最重要概念の一つ 「師弟」 について論じられています。
 池田会長は、師弟について次のように述べています。
 「仏法の師弟は 『広宣流布へ』 『仏国土へ』 という 『同じ目的』 に向かって進む同志であり、先輩・後輩の関係の延長線上にある。 両者が相対(あいたい)し、向かい合った形だけではなく、根底では同じ方向を向いた関係にあるのです」 (同書2巻・171P)

 佐藤  師匠といっても ゴールのところにとどまっている存在ではなく、弟子たちと同じ軌道のなかにあって、共に前進を続ける存在なのですね。 ……
 それはたとえば、師弟が電車の座席に向かい合って座っているけど、その電車は目的地に向かって前進を続けている、というようなイメージでしょうか? 師と弟子は主観的には向かい合っているが、外から客観的に見れば目的に向かう軌道の中を進み続けている、と。 何だか、アインシュタインの 「相対性理論」 みたいな話ですが(笑)。


 対談者も、面白いですね。法華経の師弟関係が静的・固定的なものではなく、動的で生成的なものである等と語っています。
 戸田先生は、ご自身が受けられた法華経の難(=二年間の投獄)について、「化城喩品」 の一節をふまえて、次のように述べられています。
 『在在諸仏土 常与師俱生』。 俱生(ぐしょう)と申しまして、師匠と弟子とは、代々必ず、法華経の功力(くりき)によりまして、同じ時に同じに生まれ、ともに法華経の研究をするという、何十憶万年前からの規定を実行しただけでございます。
 私と牧口常三郎先生とは、この代(よ)きりの師匠弟子ではなくて、私の師匠の時には牧口先生が弟子になり、先生が師匠の時には私が弟子になりまして、過去も将来も離れない仲なのです」
 (同書2巻・172P)

 時には、師匠と弟子が逆転して生まれてくるというのです。仏法の師弟関係が固定的ではないことを、端的に物語っています。
 池田先生は、師弟関係を弟子(衆生)を因、師(仏)を縁に配して、中心軸となるのはむしろ弟子であるとして、次のように述べています。
 「因と縁では当然、因が中心です。 縁はそれを助けるものです。 師弟の道も、弟子の自覚が中心です。 弟子がどれだけ強き求道心に立つか、どれだけ強き使命感に立つか、その一念の強さに師匠が応ずるのです。……
 弟子は師匠を信じ、求める。 師匠は弟子を守り、鍛(きた)える。 誓いを忘れた弟子たちをも最終的には見捨てない。 この最高に麗(うるわ)しい 『人間の絆(きずな)』 こそ、仏法の師弟です」
 (同書2巻・170P)

 佐藤氏は、“多様な個性を持った学会員の皆さんが異体同心であり得るのは、日蓮仏法という共通の信仰、池田会長という共通の師の存在によって結ばれているからこそですね。……
 「弟子の活躍と勝利が、師匠の偉大さを証明する」 ということが共通認識になっているからこそ、同志の活躍も素直に、わがこととして喜ぶことができるのでしょう。 創価学会における 「師弟」 とは、そのような相互作用の関係、一人の師から世界に広がる弟子たちの ネットワークなのですね”
と語られています。

 この師弟の ネットワークは、決して上から下へという一方通行の関係でもなければ、道理に合わない封建的なものでもなく、誰もが平等に師と結ばれている。
 そこには 「池田先生にお応えし、師の偉大さを証明する」 という 弟子の自覚と実践があり、師匠の慈愛もある。
 創価学会の世界には、麗しい 「師弟の絆」 があり、人間主義の結合があるのです。 

テーマ : 法華経の智慧
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

菩薩道がすべてと言う感じがします。
すいません、時々読ませてもらってます
勉強になります、感謝です。

Re: タイトルなし

 ご訪問くださり、有り難うございます。

 仏界といえども九界を通して、特に菩薩界に現れるものだと思います。
 したがって、仰るように“菩薩道がすべて”と言っても過言ではないと思います。
 これからもともども、仏の大願たる広宣流布に頑張りましょう。
 よろしくお願いいたします。
プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 82歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR