FC2ブログ

「希望の源泉」(18)(核兵器は「絶対悪」)

 「希望源泉」(池田思想を読み解く)の第 18回は、「民衆という視座」 から世界を 平等に見る思想 であります。
 引き続き 「化城喩品」 の章です。  (第三文明・2018/1月・53P)

 国難の時代に脚光を浴びる日蓮思想
 はじめに対談者は、東アジアは今、「乱世」 や 「国難」 という状況にあると。日本では歴史上、国難の時代には日蓮思想が クローズアップされてきましたと。

 佐藤 優  とても重要な指摘です。  …… 北朝鮮問題を乗り越えるための智慧も、日蓮思想、池田思想のなかに厳然とあると思いますから。
 今の話で思い出しましたが、最近、『かくて神風は吹く』 という戦時中の国策映画を観(み)る機会がありました。 ……
 池田思想では、日蓮思想は救国の思想であるとともに、世界平和に結びつく思想であると捉えます。 日蓮の智慧をその方向に “正しく用いる” ためにも、池田思想の研究は重要です、
と語られています。

 じつは私は、国民学校 3年生の時、『かくて神風は吹く』 という映画を学校から観に行かされました。題名は覚えていましたが、俳優やストーリーなどは全然覚えていません。ただ、暴風雨の場面はかすかに覚えています。場内は超満員で席もなく、スクリーンの前の所でしゃがみ込んで観て、頭はガンガン・クラクラ、吐き気までも催して、散々な目に遭いました。もう スクリーンの間近では絶対に見ないぞ、と思ったことを覚えています。
 創価教育学会を弾圧するという大謗法を犯した軍部政権国家に、神風なぞ吹く訳はないのである。
 元寇の時の神風について、大聖人は 「此の国の亡びん事疑いなかるべけれども、且(しばら)く禁をなして国をたすけ給へと日蓮がひかうればこそ今までは安穏にありつれども・はう(法)に過ぐれば罰あたりぬるなり」(919P) と仰せです。
 大聖人が、厳然と控えられ・大慈悲を賜わったから救われたのである。 “はう(法)に過ぐれば罰あたりぬるなり” の御金言を蔑(ないがし)ろにし、国家神道という小法・邪法を信じた我が国は、亡国という仏罰を受けたのである。

 「原水爆禁止宣言」 の先駆性
 戸田先生の 「原水爆禁止宣言」(1957年) から 60周年の佳節を迎え、本年度の ノーベル平和賞を、S G I も参加している 「I C A N」(核兵器廃絶国際キャンペーン) が受賞し、国際的にも関心が高まりました。佐藤氏は次のように語っています。

 佐藤  「原水爆禁止宣言」 は、創価学会史における重要事項であるにとどまらず、日本史的、ひいては世界史的にも重要な出来事であったと思います。 なぜなら、あの宣言によって、核兵器を廃絶していこうとする新しい歴史の流れが世界に生まれたからです。
 原水爆禁止宣言には、他の反核 マニフェストとは異なる重要な特徴が二つあります。
 一つは、次代を担う青年たちに、“核兵器は絶対悪であるとの思想を世界に広げることが君たちの使命だ” と訴えた宣言だということ。
 もう一つは、広宣流布を目指す活動の一環であったということ。 つまり、単なる政治運動としての反核ではなく、創価学会員の日々の信仰の闘い一部であった点が、大きな特徴なのです。 北朝鮮の核危機が深刻化する今、イデオロギーの枠を超えて “核兵器への絶対的反対” を訴えた原水爆禁止宣言の先駆性・重要性は、いっそう高まっています。


 被爆者のサーローさんが、ノーベル平和賞の受賞演説で 「核兵器は必要悪ではなく、絶対悪です」 と宣言しました。
 戸田先生の 「原水爆禁止宣言」 から 60年もたって、やっと世界の大部分の国が 「核兵器禁止条約」 に賛成した。 しかし、核兵器保有国やその傘の下にある日本などは反対した。
 唯一の被爆国である我が国は、核廃絶の リーダーたる資格と責任と使命があると思うものであるが、国の指導者たちは、核廃絶への リーダーシップを執る気概もなく、必要悪の思考のままとは情けない限りである。

 民衆の視点から北朝鮮を見ることの大切さ
 佐藤  池田会長の思想は、「民衆こそ王者」 と捉え、常に民衆の視点から歴史や世界を見る民衆史観です。 そして、「民衆こそ王者」 は世界のどの国にも適用できる普遍的原理であるはずで、それは北朝鮮についても しかりなのです。 独裁国家であっても、やはり 「民衆こそ王者」 なのであり、独裁者といえども、民衆の意向を完全に無視して行動できるわけではありません。
 そして、池田会長の 「人間革命」 の思想は北朝鮮の民衆にも当然適用可能ですから、学会員の皆さんには、ぜひ 「一日も早く、北朝鮮に広宣流布できる日が来ますように」 と祈っていただきたいと思うのです。


 佐藤氏は、太平洋戦争末期の国策映画 『かくて神風は吹く』 をなぜ観たかといえば、「現時点での北朝鮮の民衆の感覚を理解する ヒントが、そこにある」 と考えたからですと語っています。
 北朝鮮は金正恩(キム・ジョンウン)委員長のもと、一糸乱れず堂々とした姿を見せ、海外メディアに対しては勇ましいことを言っているが、一歩中を見れば経済制裁を受け、民衆の生活は困窮しているようだ。 ちょうど、戦時中の日本と同じように、苦しんでいる民衆が沢山いることは、紛れもない事実である。

 池田先生は、大通智勝仏が出現する前は、衆生は苦悩し、時代は行き詰まっていた。 経文では、その閉塞状況を 「冥(くら)きより冥きに入(い)って」(法華経・316P) と表現している。 人々は闇から闇へという悪の流転を止める仏の出現を生命の奥底では求めていた。 その心が表されています。
 戸田先生もよく 「商売でも何でも、民衆が求めているものが広まるのです。 広宣流布も民衆が今、妙法を求めているから、必ずできるのです」 と言われていた。
 (法華経の智慧2巻・165P)

 今の北朝鮮の危機的状況を考えると、近い将来には北朝鮮にも、広宣流布する時代が必ずやって来るという大確信をもって、今は原水爆が一発でも地球上に落とさせないようにと、しっかり お題目をあげましょう。
 戸田先生のお歌を、思い出しました。  

    雲の井に 月こそ見んと 願いてし
        アジアの民に 日(ひかり)をぞ送らん


  お歌の関連記事 ―→ ここから

テーマ : 法華経の智慧
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 82歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR