FC2ブログ

「希望の源泉」(19)(人開会・法開会)

希望源泉」 (池田思想を読み解く) の第 19回は、法華経の現代的展開としての 「人間主義」 であります。  (第三文明・2018/2月・53P)

 前月号(18回)の 〔ロシアで受け入れられた池田会長の「人間主義」〕 という項目から、「五百弟子受記品・授学無学人記品」 の章に入っています。
 そこでは、ソ連が 「宗教否定の国」 であったといっても、トインビー博士が共産主義を一種の宗教と見なしていました。 だから、枝葉末節を取り払って本質を見れば、池田会長の 「人間主義」 とソ連の人々の考え方は、実はそれほどかけ離れていたわけではない、等々のことが語られています。

 世界は 「人間主義」 の仏教を求めている
 この章では、法華経の 「人開会・法開会」 が大きな テーマになっています。
 「開会」 とは、方便の教えを開いて真実の法に会入させることである。“開顕会融”、“開顕会帰” という意である。
 「法開会」 とは、要するに “あらゆる仏教を、法華経のもとに統一する” ことといえます。さらに敷衍(ふえん)して言えば、“仏教に限らず、あらゆる宗教・思想は、法華経の視座から見れば平等に尊いのだ” という考え方なのです。

 佐藤氏は、世間では創価学会は “法華経だけ、日蓮だけが正しくて、ほかの宗教・思想には価値がない” と否定する独善的宗教であるかのように誤解されていると。
 対談者は、それは、創価学会が生命の尊厳に絶対的価値を置く 「生命教」 ともいうべき宗教であり、池田思想の根幹が 「人間主義」 であるからだと思います。
 そして、信徒を軽んずる宗門の独善性・非寛容性に対しては、“学会の寛容性を守るための闘い” でもあった と語られています。

 佐藤 勝  「闘い」 といっても、創価学会の場合、あくまで言論戦であって、暴力を用いた戦いには決してならない。 それは、歴史上、宗教や思想をめぐって多くの血が流されてきたことを考えれば、稀有(けう)なことです。 人間と生命に根本的な価値を置く思想であるからこそですね。

 しかし、平和的宗教と捉えられている仏教であるが、実は戦争や暴力と結びついた例も少なくはないのである。
 仏教は 「空」 や 「無我」 を説く宗教なので、個々人の生命の価値を低く見てしまう危険性があるのかも知れない。 ベトナム戦争期に、抗議のため僧侶の焼身自殺があったが、その一例であると思われる。

 佐藤  私は、一部の宗教者が 「殉教としての自殺」 を称揚していることを否定したいと思います。 「尊い教えのために命を捨てる」 と言えば聞こえはいいですが、自分の命を軽く考えることは、他者の命をも軽んずることに簡単に結びついてしまいます。 イスラム原理主義の テロ集団が行っている 「自爆テロ」 などは、その最たるものです。 彼らにとっては崇高な殉教でも、罪のない多くの人の生命を奪う卑劣な行為なのですから。
 「自分の命を、この尊い教えのために捨てるのだ」 と決意した瞬間、他者の命を奪うための ハードルが一気に低くなってしまう。
それは宗教の持つ危険な側面です。 しかしその点、創価学会は生命論的に仏教を捉え、生命の尊厳を絶対視する宗教ですから、命を軽んずる方向には向かわないわけです。


 現今、世界中に “無差別テロ” の危険性が高まっている。また、米国の トランプ大統領は、小型核弾頭の開発・拡充に言及している。 今年の 「世界終末時計」 が、“残り 2分” になったことも発表されました。
 このような混とんとした、お先真っ暗な世界ではあるが、唯一の希望は日蓮大聖人の大生命哲学である。 これを実践している創価学会の 「人間主義」 の仏法を、世界は求めていると言えるのです。

 「人間主義」 は 「人開会」 から生まれた
 「人開会」 とは、三乗(声聞・縁覚・菩薩)の人たちを開いて一仏乗に帰入して成仏させる法華経独自の法門である。

 佐藤  この章で池田会長は 「人開会」 について、「すべての差異を一歩深い次元から乗り越えて、『皆、平等に尊貴なのだ』 と示していくことに通じる」 (法華経の智慧2巻・207P) と論じていますね。 また、「一切の衆生が本来、菩薩であると明かすのが法華経の 『人開会』 です。 表面の姿ではなく、いわば “生命の次元” で、衆生を平等に見て、統一するわけです」 (同書2巻・205P) との一節もあります。 
 池田会長の人間主義も、宗教・文化・イデオロギーなどの差異を超え、「人間同士である」 という共通項に目を向けて人々を結んでいく思想ですから、それが法華経の 「人開会」 から生まれた、という話はよくわかります。


 法華経の一切衆生に仏性があると説いて、万人の平等の成仏を説いたのが 「人開会」 である。
 低い教えを開いて高い教えに帰着させる理論(法開会)は、一往・爾前の諸経にも説かれているが、成仏という事相面(人開会)では、女人・二乗等の成仏は許していない。法華経にきて、はじめて二乗作仏を説いたことが、真の 「人開会」 となり、この法理は法華経に限られるのである。 「人開会」 を説いていない諸経の 「法開会」 は、法華経に比べれば有名無実(うみょうむじつ)のものとなる。
 このように 「法」 というものは、「人」 によって実践・実証されて、はじめて 生きた・真実の 「法」 となのである。 そして法華経は、開会することによって、すべての思想・哲学を活かしきっていける 「活の法門」 であります。

 対談者は、そのような法華経の 「人開会」 の、いわば現代的展開が池田先生の人間主義です。 それは仏教徒のみならず、すべての人を人間という原点、生命という原点から捉え、平等に尊貴な存在として捉える思想であると言えます、 と語られています。 

テーマ : 法華経の智慧
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

はじめまして

はじめまして。いつも為になる記事をありがとうございます。
時代は益々世紀末の様相を呈して来ましたね。国土乱れん時は先ず鬼神乱る鬼神乱るるが故に万民乱る 
世界中で起きているテロリズム、核の脅威、紛争等、これらの解決の為にはやはり
人間主義、生命の尊厳の哲学を広めて行く以外に根本的な解決はないと思います。
法華経の智慧、その現代的展開である池田先生の人間主義の哲学を世界は求めている.正にその通りだと思います。
宗教、イデオロギー、あらゆる差異を乗り越えて平和の連帯を作って行く。これは現代に生きる私達の使命でもあるのだと思います。
池田先生の、第二次世界大戦をもって終わりにしよう。第三次世界大戦は断じて起こさせない。と決めて行こう。との言葉の意味を噛み締めています。
先ずば私達学会員が、この大聖人の仏法、生命尊厳の思想を広める意義、広宣流布がどれほど凄いものなのか、どれほど尊いものなのかを認識して行く事が大切ですね。
法華経の心とは生命尊厳、仏とは生命なり、。

訂正
万人の中に最高に尊い仏の命があり、自分の命が大切なように、他者の命、万物に備わる生命全てがとても大切である。この思想を一人一人の心の根底に根付かせて行く事が出来るならば、戦争や地球を滅ぼす環境破壊の方向に向かう人類の運命をも転換出来得るのだと信じています。

Re: はじめまして

 はじめまして。

 いつもご訪問くださいまして、まことに有り難うございます。
 幸さまは、よく先生の思想をご理解されている方だと思います。
 私は自身のブログを、プリントアウトして、内外の友人に渡しておりますが、みな忙しくてなかなか読んでくれないのが実情です。
 そのような中で、読みやすいとは言えないブログの記事を読んでくださり、有り難うございます。
 これからも、先生のご指導・講義の研鑽・実践に頑張って参りましょう。
 何とぞ、よろしくお願い申し上げます。

ありがとうございます。

遅くなりましたが、返信コメントありがとうございます。本当にいつも色々勉強させて頂き感謝です。今、私自身も大袈裟でなく生死に関わる宿命の嵐の渦中にいます。
そんな状況だからこそ、先生の指導や御書が命に入って来るのです。
毎日、もう限界だ、と思いながらも御書の一節、指導を読みながら何とか頑張っています。地獄の様な苦しみの境涯、でもだからこそこの信心の凄さがわかりました。
今現在宿命と闘っている人達、決して負けずに乗り越えて行きましょう。
また記事を読ませて頂くのを楽しみにしております。ありがとうございます。

Re: ありがとうございます。

 ご返事ありがとうございます。

 大変ななかで戦っているとのこと、頑張り抜いてください。
 「法華経を信ずる人は冬のごとし、冬は必ず春となる」の語金言を信じて戦ってください。
 「栄光の年」、栄光に輝けることを、お祈り申し上げます。
プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 82歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR