FC2ブログ

「希望の源泉」(27)(結合は善・分断は悪)

 「希望源泉」(池田思想を読み解く) の第 27 回は、悪は 「善の炎」 のための薪となる であります。 池田 SGI 会長の 『法華経の智慧』 をめぐる語らい、「提婆達多品」 の章の続きです。 (第三文明・2018/10月・53P)

 悪を 「善知識」 として活かしていく
 「提婆達多品」 には、釈尊が成仏したのは 「皆な提婆達多の善知識に因(よ)るが故なり」(法華経・424P) と説かれています。 すなわち、反面教師として提婆達多がいなければ、釈尊も仏にはなれなかったと言うことです。 (反面教師 … 悪い見本として、反省や戒めの材料となる人物や事柄)

 佐藤 優  はい。 善悪を固定的に捉えず、究極的には 「善悪不二」 なのだと捉える法華経らしい視座ですね。 ただし、提婆達多的な悪が 「善知識」(人々を成仏の道に導いてくれる人) として活かされるためには、その悪と戦い抜くことが前提条件となる、と池田会長は言われていますね。
 「釈尊が提婆達多に勝ったからこそ、提婆の 『悪』 が釈尊の 『善』 を証明することになった。 悪に負けてしまえば、提婆が善知識であったとは、とても言えない。……
 悪もまた善を顕す働きをするのであれば、悪の全体がそのまま善になります。 まさに善悪不二です。 しかし、自然のままに放置していて、悪が善になるのではない。 悪と戦い、完膚なきまで打ち勝って、初めて善悪不二となるのです。
 その意味で、提婆品の 『悪人成仏』 とは、釈尊による 『善の勝利』 の偉大な証明です。 勝利宣言です。 その 『勝者』 の境涯の高みに立って初めて、提婆が過去の善知識であり、自分の師匠であって、今世で自分の化導を助けてくれたのだと言えるのです」
 (法華経の智慧3巻・101~102P)
 まさに、深い次元において提婆達多は反面教師であったわけですね。 そして、古代インドにおいてこれほど深遠な 「善と悪の哲学」 が生まれていたことに、あらためて驚かされます。

 上記のように、“提婆が過去の善知識であり、自分の師匠であって、今世で自分の化導を助けてくれた” とあります。すなわち、過去世においては、提婆は釈尊の師匠であったと。 また 「本地は文殊なり」(744P) と初めて聞いたときの拙は、驚きばかりであった。

 池田先生は、提婆達多も、生命の真実の姿においては、善悪不二です。 無明と法性が一体の妙法の当体です。 釈尊が師とした過去世の提婆達多とは、じつは、妙法そのものだったと言えるのです。
 ゆえに大聖人は 「提婆は妙法蓮華経の別名なり 過去の時に阿私仙人なり 阿私仙人とは妙法の異名なり」(744P) と仰せです。 釈尊も根源の妙法を師として成仏しました。 そのことを提婆品では、釈尊が過去世に阿私仙人を師匠として修業し、成仏したという表現で示したと考えられます。………
 悪知識をも善知識に変えるのが妙法の力であり、苦悩をも喜びに変え、追い風に変えるのが信心の一念の力です。 提婆品は、このことを教えているのです、
と指導されています。 (同書3巻・102~103P)

 ――  日蓮大聖人も、自らを迫害した極楽寺良観(忍性)や平左衛門尉らのことを 「日蓮が仏にならん第一のかたうど(方人)」(917P) つまり 「味方(方人)」 であり 「善知識」 であったと述べています。

 佐藤  それもまた、日蓮大聖人が迫害者に勝利されたからこそ そう言えるわけです。 そのことについて池田会長は、次のように語られています。
 「御本仏を迫害した 『悪』 の存在をも 『善』 に変えてしまわれた。 実際、大聖人や釈尊のそういう戦いの模範があったからこそ、後世の私どもは 『正道』 がどこにあるか分かる。 その意味で、提婆も平左衛門尉たちも、反面教師として、後世に 『善の道』 を示してくれている、と言えるでしょう。
 創価学会も、ありとあらゆる迫害・弾圧・策謀に全部、打ち勝ってきました。 その戦いによって、皆の信心が深まり、強くなった。 難もなく、簡単に広宣流布ができたら、鍛えの場がなく、成仏する修行の場がなくなってしまう。 ……  一切の悪を、善の炎がいや増して燃えさかるための薪(たきぎ)としていくのです」
 (同書3巻・104P)
 「悪を 『善の炎』 のための薪としていく」 とは、含蓄深い言葉ですね。 実際、池田会長は自らを迫害した日蓮正宗宗門を 「薪」 とし、勝利することによって、創価学会の世界宗教化に向けて飛翔(ひしょう)されたのだと思います。

 第二次宗門事件が発生した時、“破門されたし、もう関係ないのですだから、放っておけばいいじゃないか” という声も一部にはあったようだが、悪とは徹底的に戦わなければならないのである。
 そのことを牧口先生は、例えば “電車のレールの上に石を置く。 これは悪です。 一方、それを見ながら放置した人がいるとする。 この人は、悪いことはしていないが、善いこともしなかった。 その結果、電車が転覆したならば、悪いことをしたのと同じである” と。 すなわち、「善いことをしないのは、悪いことをするのと同じ」 「悪と戦わないのは、悪をなすのと同じ」 だと、強く指導されています。

 人々を結合させる 「善の力」
 善と悪を見分ける基準について、池田会長が結論的に述べた次のようなくだりがあります。
 「善と悪については古今東西、さまざまな哲学的議論がある。 それをたどることは今はしないが、ともかく 『生命こそ目的であり、生命を手段にしてはいけない』。
 これが大前提です。 その尊極の生命をより豊かにし、より輝かせるのが善。 生命を委縮させ、手段にするのが悪と言えるでしょう。
 また、『結合は善』 『分断は悪』 です。
 ゆえに最高善は、人々の仏界を開くことであり、人々の善意を結びつけることです。 仏法を基調とした平和・文化・教育の運動、すなわち広宣流布の運動こそ最高善なのです。 この行動を持続するためには、悪をも善の一部にしていく 『善悪不二』 のダイナミックな実践が必要なのです」
 (同書3巻・111~112P)

 「結合は善」 「分断は悪」 という言葉を、創価学会/SGI は、異なる世界、異なる立場の人々を、信仰の力によって 「結合」 させる役割を果たしてきました。
 例えば、アメリカは多民族国家であるが、いまだ人種差別問題は解決できていません。その様ななかでも、創価学会の座談会等では、白人と黒人の メンバーが和気あいあいと会合に集ってきています。 創価学会の世界では、時代に先駆けて人種の壁が崩され、「結合は善」 の姿がすでに出現できています。
 来年は、地方統一選と参院選があります。 公明党の 「軽減税率」 の政策について、佐藤氏が述べていますので、ご参考にして 友好対話にご活用ください。 

 佐藤  また、創価学会が支持母体である公明党の政策にも、「社会の分断を避け、結合に向かわしめる」 という志向性が、常に感じられます。
 一例を挙げれば、消費税が10%になると同時の導入が決定している 「軽減税率」 です。 公明党の強い主張で決定されたものですが、他の政党や有識者の中には、現金給付と所得税などとの還付を組み合わせた 「給付付き税額控除」 のほうがいい、と主張する人たちがいました。
 それに対し、公明党は断固として軽減税率導入を推し進めたわけです。 その理由の一つは、「還付金にしてしまうと社会の分断を招くから」 だと私は考えます。 「所得いくら以下の世帯には還付金を出す」 という形だと、もらう世帯ともらわない世帯の間に分断が生じてしまうのです。 一方、軽減税率ならすべての世帯が対象になるので、分断を招かないわけです。
 そのように、公明党の政策にも、「結合は善、分断は悪」 という池田思想が反映されているのです。 それは同時に、先ほどの引用の前段部分、「生命こそ目的であり、生命を手段にしてはならない」 という池田思想を、公明党も根底に据えているからでもあります。

テーマ : 法華経の智慧
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 82歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR