法身の四処

 鳩摩羅什の舌のエピソードを紹介しましたので、もう少し舌について述べてみたいと思いました。仏法に 「八相作仏」 というものがあります。仏が衆生を救うために世に出現し、成道(作仏) を中心として一生の間に示す八種の相のことです。

 それは 「下天・託胎・出胎・出家・降魔・成道・転法輪・入涅槃」 の八つの相です。このなかで、特に仏の成道にとって大事なところを、「四処」(仏の四種の住処) と言い、即ち 「生処・得道・転法輪・入涅槃」 です。

 日蓮大聖人は、この四処をわが身に当てて、お示しくださいました。
 「教主釈尊の一大事の秘法を霊鷲山にして相伝し・日蓮が肉団の胸中に秘して隠し持てり、されば日蓮が胸の間は諸仏入定の処なり、舌の上は転法輪の所・喉(のんど)は誕生の処・口中は正覚の砌なるべし、かかる不思議なる法華経の行者の住処なれば・いかでか霊山浄土に劣るべき」(1578P) と、このことを 「法身の四処」 と言います。この御文を、要約して示せば、

  日蓮が  ……………………………… 法 身
  胸の間は諸仏入定の処  …………… 入涅槃
  舌の上は転法輪の所  ……………… 転法輪
  喉は誕生の処  ……………………… 生 処
  口中は正覚の砌なるべし  ………… 得 道
 
 以上の四処を見ますと、胸の外の三か処は、みな口に関係しています。舌の上が転法輪(仏の説法) にあたることは理解できますが、誕生と云うから出胎かと思えば喉であると、正覚(悟り) と云うから頭かと思えば口の中と仰せられている。何か、不思議で理解し難いように思われます。

 口に関するものと云えば、言葉・音声・発声などのことが思い出されます。ここでは “南無妙法蓮華経” と発する音声の中に、仏の誕生から・悟り・説法・涅槃まで、一生の間・即ち全身・全体があることになります。

 したがって “南無妙法蓮華経” とは、ただ単なる言葉だけでなく、仏の悟りの法であり、仏そのものであるということが出来ます。このような尊極の音声である “南無妙法蓮華経” は、喉から誕生して、舌と口の中で作られて発声されるわけです。
 また反対に、罵声や怒声という地獄界の音声を発することもあるわけです。ゆえに、“南無妙法蓮華経”と唱え奉ることが、どれほど素晴らしく、尊貴なる存在であることか計り知れません。

 日寛上人は 「我等この本尊を信受し、南無妙法蓮華経と唱え奉れば、わが身即ち一念三千の本尊、蓮祖聖人なり」(文段集・548P)  と仰せられ、題目を唱えれば、胸の間・即ち、わが身が・此処で・瞬時に、成仏できることを教えて頂きました。ゆえに、題目を唱えている者を 「仏」 と称するのであります。

 『御義口伝』 に、「声仏事を為す之を名けて経と為す」(708P) と、大聖人は 「声もをしまず唱うるなり」(328P) と仰せられました。生命力は、何よりも 「声」 に現れると云われています。

 創価学会のみが、惜しみない声また声で、世のため人のため、広宣流布と云う偉大な 「仏事」 を為している教団なのであります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR