創価の法華経(その1)(法華経について)

 初信のころよく聞かされたのが、“釈迦は謗法だ、日蓮大聖人様だけだ(趣意)” という言葉である。何か、仏教の創始者のお釈迦さまを悪く言っているようで、違和感がありました。
 後から考えてみますと、“釈迦は謗法だ” と言ったのは、旧仏教界の念仏・真言・禅宗などを指していて、お釈迦さまを悪く言っているのではないのです。

 信仰するにあたって、釈尊の法華経ではなく、末法においては、日蓮大聖人の法華経でなければならないと強く言われました。一般的に法華経と云えば、釈尊の妙法蓮華経のみと思っていたら、日蓮大聖人の法華経というものがあるのである。
 その後、教学講義などで、三種類の法華経があると学びました。戸田先生は、正法・像法・末法という三時において、それぞれに法華経があると述べられています。

 正法時代の法華経は、釈尊の二十八品の法華経。
 像法時代の法華経は、天台大師の摩訶止観。
 末法時代の法華経は、日蓮大聖人の三大秘法の南無妙法蓮華経。

 この外にも、過去の日月燈明仏・大通智勝仏・威音王仏・不軽菩薩なども、法華経を説いたとされる。不軽菩薩は 「我深く汝等を敬う。敢えて軽慢せず。所以は何ん。汝等皆菩薩の道を行じて。当に作仏することを得べし」(常不軽品) という 「二十四文字の法華経」 を説いて、衆生を礼拝した。

 この 「二十四文字の法華経」 は、一切衆生にすべて仏性があることを示唆したものである。諸仏の悟りの法である 「一仏乗」 を説いた教えは、どの仏が説いたとしてもすべて 「法華経」 なのである。説き明かす悟りの 「法」 は共通で同じものでも、その説き方は、時代によって異なってくるのである。
 創価学会は、日蓮大聖人の教えを正しく受け継いだ教団である。正しく受け継ぐと言っても、何も一文一句、その言文を間違いなく受け継いでおるという意味では無い。そもそも、鎌倉時代と現代では、言葉も・生活様式も・時代背景も違って来ている。宗教だって根本の法体(本尊)は変わらないが、教え方や修行の仕方は、時代と共に変わってきて当然である。

 たとえば、「本門の教主釈尊を本尊とすべし」(328P)・「久遠実成の釈尊と皆成仏道の法華経と……妙法蓮華経と唱え奉る」(1337P) と仰せられているところの 「釈尊」 を、インド応誕の釈尊と採るのではなく 「久遠元初の自受用報身如来、即、本因妙の教主・日蓮」 と採らなければ、大聖人のご真意を理解することはできません。
 
 末法の初め、赫々たる日蓮仏法の太陽は出現しましたが、無明の雲は厚く太陽を蔽い隠して、当時の人々はそれを理解することができなかった。その暗雲を解き払い、仏法の真髄を教えて下さったのが、ご歴代の会長であり、なかんずく、現在は池田大作先生であります。

 日蓮仏法と言えども、創価学会の出現がなければ、日顕宗や身延・池上のような旧態依然の姿から脱することは出来なかったであろうと思います。
 創価学会は、日蓮大聖人の法華経を根底として、“平和主義・文化主義・教育主義・人間主義の思想” を、池田先生のご指導のもと、世界192ヶ国に広げました。

 この法華経の新思想を 「創価思想」 「池田思想」 「第三文明」 等々と言われていますが、私はもう一つ、創価学会の法華経、「創価の法華経」 と称しても良いのでないかと思っています。 

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR