立正安国論

 3月11日の午後、M9.0の東日本大震災が発生し、直後の巨大津波により甚大なる被害を被っている。残念ながら犠牲になられた方々に哀悼の意を表します とともに、被災された方々の無事安穏を心から念願申し上げます。

 地震といえば、日蓮大聖人の 『立正安国論』 が思い出されます。大聖人は 「正嘉元年八月二十三日戌亥(いぬい)の刻の大地震を見て之を勘(かんが)う」(33P) と、苦しみに喘ぐ民衆に同苦され、災難の由来を考えられました。

 その根本原因は 「世皆正に背き人悉(ことごと)く悪に帰す、故に善神は国を捨てて相去り聖人は所を辞して還(かえ)りたまわず、是れを以て魔来り鬼(き)来り災起り難起る言わずんばある可からず恐れずんばある可からず」(17P) と仰せられました。世の人々がみな正法(法華経) に背き、ことごとく悪法に帰している。それ故に、守護すべき善神は国を捨てて去ってしまい、聖人は所を辞して帰って来ない。このために魔神・鬼神入って来て、災難が起きるのである。

 また、仁王経に云く 「国土乱れん時は先ず鬼神乱る鬼神乱るるが故に万民乱る …… 若し一切の聖人去らん時は七難必ず起らん」(19P)  と、ここでの鬼神とは思想と訳します。思想が乱れるがゆえに万民が乱れ、万民が乱れるがゆえに国土が乱れ災難が起こるのである。

 以上の法華経の哲理を 「依正不二」 とも言います。依報(客体・環境) と正報(主体・自己) とは各々別物ではなく、相互に関連しあって現実の世界を形成していて、両者の関係は 「二而不二(二にして而も二ならず)」 であり、相依相関性をなしているのである。

 この哲理を 「立正安国論」 から750年も経って、人類はやっと気付こうとしています。例えば、人間の欲望の肥大化による経済活動が、地球環境の破壊をもたらしている等のことである。

 人間生命の濁りである三毒によって 「壊劫の時は大の三災をこる、いはゆる火災・水災・風災なり、又減劫の時は小の三災をこる、ゆはゆる飢渇・疫病・合戦なり、飢渇(けかち) は大貪(だいとん) よりをこり・やくびやうは・ぐちよりをこり・合戦は瞋恚(しんに) よりをこる」(1064P) と述べられています。この三毒の煩悩は、間違った思想・間違った宗教に根本的原因があるのである。

 日蓮大聖人は、国や庶民にとって、幕府の為政者の誹謗正法の罪の悪影響は甚大なるによって、国のため一切衆生のために 「立正安国論」 を著して、執権北条時頼に対して提出しました。このことを 「国家諫暁」 と云います。

 しかし、幕府はこの諫暁を用いようとはせず、また後の時代の為政者も無視した。その結果約700年後、低級なる国家神道をもって、法華経を誹謗し創価学会を弾圧した。軍国主義国家による太平洋戦争の敗戦に、国民は甚大なる戦災を被ったのである。

 『立正安国論』 の結文のところは 「汝早く信仰の寸心を改めて速に実乗の一善に帰せよ、然れば則ち三界は皆仏国なり仏国其れ衰(おとろえ) んや、十方は悉(ことごと) く宝土なり宝土何ぞ壊れんや、国に衰微(すいび) 無く土(ど)に破壞(はえ)無くんば身は是れ安全・心は是れ禅定ならん、此の詞(ことば) 此の言(ことば) 信ず可く崇(あが)む可し」(32P) と仰せられています。

 この大震災に際して、いま再び 「立正安国論」 を学び実践しなければならないと決意するものである。それは依正不二の原理を説き明かし、災難の起る根源を示し、その解決策を明かした 「立正安国論」 こそ、“天下泰平・国土安穏・経世済民” の秘術まします書であるからである。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR