大悪起れば大善きたる

 『大悪大善御書』 に 「大事には小瑞なし、大悪をこ(起) れば大善きたる」(1300P) と述べられています。今回の東日本大震災は、大悪なる事件だと思います。“大善きたる” と言っても、何もしなくて手をこまねいていては、何も変わりません。

 近代日本史では、二つの大変革期があったと思います。一つは 「明治維新」 であり、もう一つは 「太平洋戦争敗戦」 の時だと思います。

 明治維新は、それまでの徳川幕藩体制を崩壊させて、天皇制の統一国家を形成した改革であった。封建社会から資本主義社会へ移行したが、主権はあくまで天皇にあった。天皇のもとにあっては国家主権が大事にされ、富国強兵策がとられ、国民は常に犠牲を強いられた。日清・日露戦争に勝利し、欧米列強に肩を並べるまでになったが、富国強兵策の行き着くところ、軍国主義化し、挙げ句の果ては太平洋戦争で敗戦の憂き目を見た。

 敗戦の結果、欧米より自由・民主主義思想が取り入れられ、天皇主権から国民主権国家へと改革された。個人の自由・権利は謳歌され、戦後経済は急速に回復し、短期間の内に先進国の仲間入りを果たした。国民は幸福に成ろうと一生懸命に働き、経済的には裕福になったが、それに反して心・精神面では貧しくなってしまった。

 かつて阪神・淡路大震災の被災者の方が “形のあるものは全て失った。残ったのは命だけだった。(趣意)” と語っていたというお話を聞いたことが有ります。今回の大震災においても、同じような思いをなされている方々も、多々居らっしゃると思います。
 このことは幸福とは、決して物や金で贖えるものではないことを物語っています。幸福とは、自身の生命の中に築き上げるものであり、己心の外に求めるものではないのであります。

 日蓮大聖人は 「蔵の財(たから)よりも身の財すぐれたり、身の財より心の財第一なり」(1173P)・「ただ心こそ大切なれ」(1192P) と、自身の生命の変革こそ、第一義であると仰せられています。

 以上の点を考えて見ますと、二つの歴史的変革は、日本国自らの変革ではなく、外国からの軍事的圧力による変革であった。明治維新では国民はみな、民族・国家に、戦後は金・地位・技術などに幸福を求めたが果たせなかった。

 東日本大震災は不幸な大変な災害ではあるが、わが国が三番目の歴史的変革を成し遂げる絶好のチャンスではないかと思います。天災とはいえ、自国で起こった事件である。仏法ではあらゆる現象は、人の心から起こると述べられています。今度こそ、自らの力で自国の変革を可能ならしめねばならない。

 日本民族の宿業の故か、世界で真っ先に火薬が使われたのが蒙古襲来の時である。原子爆弾もまた世界初である。今度は放射能災害まで起きた。今まで小規模のものはあったが、原発4基が同時に放射能漏れを起こすなんて世界初である。

 地震と津波と放射能災害の甚大さと悪影響の拡大さ思えば、日本沈没にもなりかねない国難級の災害である。そんな中で、ボランティアや義援金などの助け合いの心、被災者や停電のことを思い、節約や生活態度を改善しようとするなど、確かに国民の意識は変わりつつあります。この流れを善導して、最高の 「善の価値」 を、皆が求めるようにならなければならないと思います。

 ここで注意しなければならないのは、今のままの総理・政党では頼りないから、もっと強い指導者・政治・経済・技術力などに頼ろうとすることです。これらは己心の外にあるものであり、利用・活用こそすれ、これらに頼ろうとすることは、力のあるもの、すなわち、国家権力や集団の力に頼ろうとすることになります。これは独裁主義・全体主義・国家主義への道を開くことに成りかねません。かつて通って来た道であります。

 創価学会は、あくまでも 「人間革命」 が第一義であり、自身の生命の変革をもって、社会に貢献する団体であります。
 『小説・人間革命』 の主題は、「一人の人間における偉大な人間革命は、やがて一国の宿命の転換をも成し遂げ、さらに全人類の宿命の転換をも可能にする」 というものであります。  

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR