念仏無間

 念仏宗は、法然を開祖とする浄土宗と親鸞を開祖とする浄土真宗に大別される。浄土宗の依経は、弥陀の三部経と云われる 『観無量寿経・無量寿経・阿弥陀経』 である。

 これらの浄土宗の三部経は、釈尊一代聖教の中の方等部の経であり、法華経の開経である 『無量義経』 に 「四十余年未だ真実を顕さず」 と述べられている方便の教えに過ぎないのである。

 釈尊一代の経説を、「聖道門・浄土門」「難行道・易行道」「雑行・正行」 と分けて、浄土の三部経以外は、法華経を含め 「聖道門・難行道・雑行」 であるとした。聖道門を修業する者は、「未だ一人も得道した者はいない」 とか、「千人の中に一人も成仏する者はいない」 等と述べてこれを貶(おとし)め、浄土門は 「百人が百人とも往生できる」 等と述べ、それゆえに念仏に帰依せよと主張した。

 そしてこの世の中は 「穢土」 であり、死んで西方十万億土の極楽世界へ往生することを目的としている。浄土往生の根拠としているのは 「阿弥陀仏の名を称える者は誰人であれ、極楽浄土に迎える」 との無量寿経の法蔵比丘の四十八願の第十八である。

 そこには 「設(も)し我れ仏を得たらんに、十方の衆生至心に信楽して我が国に生ぜんと欲して、乃至十念せんに、若し生ぜずば、正覚を取らじ。唯だ五逆と誹謗正法とを除く」 とある。ここでは往生するものも 「五逆罪と誹謗正法の者」 は除くと、わざわざ断わられているのである。

 日蓮大聖人は 「念仏の曇鸞法師の難行・易行、道綽が聖道・浄土、善導が雑行・正行、法然が捨閉閣抛の文、此等の本経・本論を尋ぬべし」(1279P) と仰せられています。

 釈尊の出世の本懐であり、皆成仏道の法華経を 「捨てよ・閉じよ・閣(さしお)け・抛(なげう)て」 ということは、釈尊が述べているのか、どの 「経文」 にあるのか、論師・人師の誰が言っているのか、法然以外の者は誰一人も言っていないのである。法然等の一派は、仏説に私の言を入れる、師敵対・誹謗正法の大謗法の者たちである。

 法華経の譬喩品に云く 「若(も)し人信ぜずして此の経を毀謗(きぼう)せば則(すなわ)ち一切世間の仏種を断ぜん、乃至(ないし)其の人命終(みょうじゅう)して阿鼻獄に入らん」(427P) とある。ゆえに、無間地獄に落ちることは必定である。

 したがって、日蓮大聖人は四箇の格言で、「念仏無間地獄」 と断定なされているのであります。

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR