無問自説 (四箇の格言)

 『御義口伝』 に、「無問自説とは釈迦如来・妙法蓮華経を無問自説し給うなり、今日蓮等の類いは無問自説なり、念仏無間・禅天魔・真言亡国・律国賊と喚(さけ)ぶ事は無問自説なり、三類の強敵来る事は此の故なり」(713P) と述べられています。

 無問自説とは、仏が 「問い無くして自ら説く」 ことであり、『法華経方便品第二』 の 「爾の時に世尊、三昧より安詳として起ちて、舎利弗に告げたまわく、諸仏の智慧は甚深無量なり、其の智慧の門は難解難入なり」 と説き出したように、衆生の質問がないのに自ら説くことを言います。

 一般的には、衆生の側から質問があり、それに応じて法を説くのが通常で、これを 「随他意」 の説法と言います。法華経は、釈尊の悟りの法そのものであり、衆生が質問しようにも仕様がなく、仏の無問自説となるのである。これを 「随自意」 の説法と言います。

 日蓮大聖人の場合も、三大秘法の南無妙法蓮華経をはじめ多くの法門は、無問自説であり、随自意の説法であります。その中で、立宗宣言と同時に発せられた、念仏無間・禅天魔・真言亡国・律国賊という 「四箇の格言」 も、当然のこととして無問自説なのであります。

 四箇の格言は、学会草創期の折伏の戦いのときには良く使いましたが、この頃はあまり使用されて無いようです。しかし、だからと言って、時代遅れでも・賞味期限が切れている訳でも有りません。末法の民衆を救うため邪宗の魔性との闘争の中で結実した格言です。大聖人の慈悲と智慧の結晶のご金言であります。

 ただ、現代の無信仰者の多い時に、四箇の格言を大上段に振りかざして叫んでも、誤りを正してくれていると思うより、侮辱された・名誉棄損だと、反発し・聞く耳を持たないという人々が、大半だと思います。宗教のことは、自分は知らないものだからと謙虚な気持ちで、仏の金言を聞いて貰いたいと思います。

 四箇の格言は、諸宗を破折するにあたって、その宗が一番に主張していることを、端的に打ち破っているのである。

 念仏宗は、厭離穢土・欣求浄土と云って、念仏によってのみ極楽往生できると主張した。大聖人は、極楽往生を無間地獄に差し替えて、その排他的主張で、法華経を否定している謗法性を 「念仏無間」 と破折された。

 禅宗は、教外別伝・不立文字を立て、仏の所説に従わず経典を否定し、未だ得ざるをこれ得たりと思う増上慢の一面を、端的に 「禅天魔」 と破折された。

 真言宗は、鎮護国家の祈祷を売り物にしていた。大聖人は、護国を亡国に差し替えて、何が鎮護国家だ、亡家・亡国の法だと、その欺瞞的な呪術性を 「真言亡国」 と破折された。

 律宗は、小乗の戒を持し、外には賢善をあらわし・内には貪嫉を懐きながら、生き仏とか国宝とか崇められていた。大聖人は、国宝を国賊に差し替えて、その欺瞞性を 「律国賊」 と破折された。

 池田先生は、次のようにご指導されています。 
 四箇の格言の本質は、当時の各宗の独善性と、その独善性を宗教的権威で隠す欺瞞性を見破り、厳格に指摘された大聖人の 「智慧」 の発現だということです。
 また、その根底に、民衆を守る 「慈悲」 が漲っていたことは言うまでもありません。
 つまり、各時代において、民衆の幸福を妨げる思想・宗教を見破っていく智慧を発揮していくことが、四箇の格言の 「継承」 になるといっていいでしょう。……
 四箇の格言は、民衆を惑わす魔性とは断固として戦うという、大聖人の確固たる信念の現れです。
(御書の世界第1巻・93P)

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

四箇の格言

こんにちは。真言亡国を調べていたら通りかかりました。

四箇の格言を暗記した人は多くても、意味まで考え現代に生かせないなら意味が無いですよね。

他力本願ではダメ。ここを去ってどこかに幸せがというのもダメ。
自分だけ良ければ、他人なんてどうでもいい。というのもダメ。
科学的根拠に基づかないものや、理由や理屈のないデタラメ・出任せはダメ。
決まりや法律は、なぜそれが出来て存在するのかよく考えて、理由もなくルールを押しつけるのはダメ。

みたいにですね。

Re: 四箇の格言

> 四箇の格言を暗記した人は多くても、意味まで考え現代に生かせないなら意味が無いですよね。

 現に、特に若い人たちは、何も宗教を信じていない人が多いと思います。
 
 この人たちに、四箇の格言を叫んでも、分からないと思います。

 といっても、悩みのない人いないのですから、じっくり対話して、
 生命変革の法のあることを、教えて上げる以外にないと思います。

 よろしくお願いします。

 

No title

自宅に亡くなったご主人様の仏壇があるという年配の方に折伏をして創価学会と池田先生の思想に共感してくださっています
しかしご本尊様をおうけするには子供さんや親族にたいしどのように話したらよいのか自分自身もわかりません
この信心をしたいからという気持ちだけでおしてよいでしょうか
教えてください

Re: No title

 はじめまして。コメント有り難うございます。
 折伏をされている由、真に尊く大聖人のご賞讃は間違いありません。

> この信心をしたいからという気持ちだけでおしてよいでしょうか

 “おしてよいでしょうか” とは、御本尊を持たしてよいか との問いだと思います。
 年配の方ならなお更、ご家族の反対や承諾も無くて、御本尊を持たせる必要はありません。
 ご家族の方へのお話は、組織の幹部の方と一緒に行かれて、話して貰ってください。

 御本尊を持たしめただけで、その者に功徳がでると思うのは間違いです。
 信心修行して、はじめて功徳はでるのであります。
 ゆえに、まずお題目を唱えさせ、新聞を読ませ、座談会等の学会活動にも参加させることです。
 そして、本人が功徳を受け、少しは学会のことも理解してから、御本尊下付のことを考えても遅くはありません。
 一人の人を救うということは、大変なことですが、宜しくお世話のほどお願い致します。
プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR