宗教批判

 カール・マルクスは、「宗教は追いつめられた者の溜息であり、非情な世界の情けであるとともに、霊なき状態の霊でもある。それは人民のアヘンである」 と云って、宗教を批判した。彼は西洋のキリスト教を対象としているが、一面の真理を言い得ています。

 日蓮大聖人は、すでに約760年前の鎌倉時代、世に流布していた代表的な四つの宗教を、「念仏無間・禅天魔・真言亡国・律国賊」(713P)  という 「四箇の格言」 をもって、批判し・破折を加えました。

 宗教と云っても、全て正しいことを説いているとは限りません。むしろ殆んど、間違った邪宗・邪義のものばかりなのである。
 『顕仏未来記』 に、「仏教に依つて悪道に堕する者は大地微塵(みじん)よりも多く、正法を行じて仏道を得る者は爪上(そうじょう)の土(ど)よりも少なきなり」(御書507P) と、仰せの通りなのです。

 池田先生は、この四宗は偏った宗教の四つの類型を示しているのではないだろうか、と述べられています。四宗によって示される四つの類型とは、以下の通りです。
 
(1) 絶対者の他力による救済を説く宗教。これは念仏宗に当たります。
 この種の宗教が、一番多いと思います。唯一絶対神を説く、キリスト教やイスラム教も、この部類に入ります。

(2) 自力のみによる悟りの獲得と悟りへの安住を説く宗教。これは禅宗であります。
 短絡的に自身を仏と見る傲慢な生命的傾向性がある。

(3) 呪術による現世利益を説く宗教。これは真言宗である。
 仏法には異質なシャーマニズムの一形態であり、健全なる理性を麻痺させ、仏法を得体の知れないものに歪曲させる危険性がある。

(4) 戒律・規範による外からのコントロールを説く宗教。これは律宗である。
 末法では、実践不可能な戒律を掲げる故に、偽善者を生み出すのが関の山である。現在では、この宗は殆んど残っていません。

 この様に、本来の仏教の精神をことごとく歪めていた。その欺瞞に満ちた仮面を引き裂いて、宗教が持つ魔性とも言うべきものを示し、大慈悲心の立場から、民衆救済のための他宗破折であります。それを独断だ・排他的だ・非寛容であるというのは、本質を知らない、余りにも浅薄な批判であります。

 これらの定理は、鎌倉時代のものですが、現代にも・未来にも通ずるものである。それは時代がどの様に変わろうとも、人間自身の 「生命」 は変わらないからです。民衆にとって、宗教の善悪・邪正を判断することは、非常に難しいことである。

 妙楽云く 「第三最も甚だし、転(うたた)識り難きが故に」(御書229P) と。宗教的善悪は、何が善で・何が悪か、紛らわしくて判らないのである。その分、幸福を妨げる思想・宗教を見破っていく智慧を持たねばなりません。

 池田先生は、次のようにご指導されています。
 円教(法華経) とは、この四つのいずれにも偏ることなく、「自力と他力の一致を説き、その力に基づく人間変革と現実変革を説く宗教」 と言えるでしょう。
「自力と他力の一致」 とは、自分を超える力 (他力) を自分のなかに見ることです。
大聖人の仏法で説かれる 「仏界の内在と涌現」 が、それに当たります。これは、まさに日蓮仏法の真髄にほかなりません。……

 四箇の格言の現代的意義は、単なる日本の宗派の破折という次元にとどまるのではなく、円満なる人間の生命の力の開花にあると言えるのではないだろうか。これが 「妙法蓮華」 であり、無限なる 「価値創造」 なのです。この大聖人の円教を立て、初めて社会に宣言したのが立宗宣言です。
大聖人は、そこに、永遠かつ根本的な人類救済の大道を示してくださったのです。
  (御書の世界1巻・95P)

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR