創価の法華経(その3)(戸田先生の悟達)

 私の 「創価の法華経 」 というブログを見て、色々なお考えが有ろうかと思います。それはそれで結構なことなのですが、もう少しはっきりと、私の考えを述べさせて頂いた方が良いように思いました。

 私が 「創価の法華経」 と言ったのは、前のブログにも述べましたが、何としても創価学会の独自性を強調したかったからです。
 その根拠となるものが、戸田先生の 「獄中の悟達」 であります。戸田先生の 「悟達」 があったればこそ、大聖人の仏法は、戦時中の滅亡の淵から蘇(よみが)えったのである。
 したがって、「創価の法華経」 と 「獄中の悟達」 を、イコール(=)で結んでもらって結構であると思っています。ただ 「獄中の悟達」 のみを指しているのではなく、牧口・戸田・池田先生御三方のご指導のすべてにわたることは当然である。

 御入滅後の700年間、確かに御本尊も御書もありました。御書には 「日蓮と同意ならば地涌の菩薩たらんか」(1360P)・「法華の行者は男女共に如来なり」(737P)・「大願とは法華弘通なり」(736P) 等々のご金言を、まことに身読なされて、その真意を教えて下さったお方は、牧口先生・戸田先生・池田先生であります。

 特に、戸田先生は、「生命」 という言葉を法華経より取り出だして下さいました。
 池田先生は、「彼の明晰な悟達は、仏法を見事に蘇らせ、近代科学に優に伍して遜色のないものとした。仏法に鮮明な性格と、現代的な理解とを与えたのである。あらゆる古今の哲学のうえに位置せしめた」 (人間革命4巻・生命の庭より) と述べられています。

 「仏とは生命なり」 そして 「我、地涌の菩薩なり」 の戸田先生の悟達を、私は 「戸田先生の法華経」と称しても良いと思いましたが、個人名ではその範囲が限定されますので、「創価の法華経」 とした訳です。

 「大聖人の法華経」 (南無妙法蓮華経) は、基本であり、肝要であり、根本であります。創価学会は、それを実践修行し、広宣流布を成し行く団体であります。 
 大聖人と創価の法華経の両者を判別すれば 「創価」 は、「総別」 では “総” であり、「本迹」 では “迹” であり、「勝劣」 では “劣” であり、「原理」 に比すれば “応用” であり、「法体」 に比すれば “修行” となるのである。

 「創価」 とは、“価値創造” ということで、すでにその名の中に、「大聖人の法華経」 と比して、我と劣ることの意を含んでいるのである。ゆえに 「総別の二義」 をわきまえて、「創価の法華経」 と称することは、間違いではないし、可能で且つ、許されるものであると思っています。

 すでに、戸田先生の 「獄中の悟達」 という言葉があるのに、別に立てる必要はないのではないかと思われますが、私は 「悟達」 や 「悟り」 という言葉からくる イメージが、なにか “釈尊のような・特別な・奥深い・我ら凡人の到底なすことの出来ない・関係のないもの” と、受け取られがちに成るのではないかと危惧するものであります。

 戸田先生は、仏法の成仏を 「人間革命」・「絶対的幸福境涯」 と解明して下さり、我々の身近な問題として示して頂きました。これからの世界の広宣流布を考えるとき、日蓮仏法をどのように現代人に理解させていくのかが、重要な課題となってきます。まだまだ、これから、この問題に挑戦しなければならないと思っています。 
 いま世間では “なでしこ ジャパン” と言えば、誰もが関心を示し・話に花が咲く状況である。そこまでは行かなくても、少なくとも、悟りや成仏の法理を含む法華経や日蓮仏法には、関心を示し・話の種になるようにして行かねばならないと願うものである。

 池田先生は、「社会も宗教も混乱の極みにある末法において、人々を救い、時代を変革していくためには、万人が具える成仏の可能性を開く教え以外にない。つまり、人間の偉大な可能性を開発する以外に、末法の救済はない。
 人間が境涯を広げる以外に、本質的な解決はないのです。
 法華経の救済観を委細に求めると、そういう根本的な 『人間主義』 ともいうべきものを見ることができる」
と仰せられています。 (御書の世界第1巻・10P)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR