真言亡国 (東密)

 真言宗は、大日経・金剛頂経・蘇悉地経を依経とし、大日如来を教主とする。中国において、善無畏三蔵が唐の開元4年(716年) にインドから渡来し、大日経を訳し弘めたことから始まる。
 善無畏は、天台の一念三千論を見て、法華経より大日経が勝れているとしなければ、真言は弘まらないと思い、天台の学僧の一行を欺いて 「大日経疏」 を書かせた。

 『撰時抄』 に、善無畏三蔵が大に巧(たくら)んで云うには、「大日経の入漫陀羅已下の諸品は漢土にては法華経・大日経とて二本なれども天竺にては一経のごとし、釈迦仏は舎利弗・弥勒(みろく)に向つて大日経を法華経となづけて印と真言とをすてて但理計りをとけるを羅什三蔵此れをわた(渡)す、天台大師此れをみる、大日如来は法華経を大日経となづけて金剛薩埵に向つてとかせ給う、此れを大日経となづく我まのあたり天竺にしてこれを見る、されば汝がかくべきようは大日経と法華経とをば水と乳とのやうに一味となすべし」(276P) といって、一行を誑(たぶら)かしたのである。
 このことを伝教大師は 『依憑集』 で 「新来の真言家は即ち筆受の相承を泯(ほろ)ぼし」(1269P) と破折しました。
 そこには法華経と大日経とは一念三千の 「理」 は同じであり、印と真言の 「事」 において大日経が勝れる、すなわち、「理同事勝」 という邪義が打ち立てられた。
 「印」 とは、印相のこと、印契、密印ともいう。指先で特殊な形を結び、仏・菩薩の悟りをあらわしたものを手印という。
 「真言」 とは、仏の真実の言葉という意味です。密教の一種の呪文で、日本では翻訳せずに梵語を音写して用い、その訳の分からないことを以って秘密と称している。
 大聖人は 「大日経の印真言を彼の経の得分と思へり、理も同じと申すは僻見(びゃっけん)なり、真言印契を得分と思ふも邪見なり」(888P) と破折されています。

 日本では、弘法大師空海が入唐して真言密教を学んで帰朝し開宗した。大別して二つの派があり、弘法系の真言宗を 「東密」(東寺の密教)と言い、慈覚・智証によって天台宗に取り入れられた密教を 「台密」 という。

 弘法の悪義は 「一代の勝劣を判じ給いけるに第一真言・第二華厳・第三法華とかかれて候」(277P) と、『十住心論』 などで言ってることです。そこには、

①各宗とも自宗に仏乗と名のっているが、後に出てくる真言宗に望めば、前の天台法華宗は戯論(けろん)となるのである。 
②法身の大日如来に相対すれば、釈尊も無明の辺域であって、明の分位(悟りの位)ではない。 
③五味に譬えると法華は第四の熟蘇味の位である。 
④中国の人師たちは、争って第五の醍醐味を真言宗から盗み取って、各々の自宗に添加した。
 等が代表的な邪義である。

 大聖人は 「華厳経と大日経とに対すれば法華経戯論・六波羅密経に対すれば盗人・守護経にに対すれば無明の辺域と申す経文は一字一句も候はず」(277P) と、一切の経文のなかに、有りもしない妄語を並べ立てていると破折されています。

 「醍醐を盗んだ」 と言うことであるが、天台大師は陳隋の時代の人である。六波羅蜜経はその後の唐の時代になって、般若三蔵がこれを中国へ持ってきたのである。実に有りもしない経から、どうして盗むことが出来るのか。
 「其の上・又法華経を醍醐と称することは天台等の私の言にはあらず、仏・涅槃経に法華経を醍醐ととかせ給い天親菩薩は法華経・涅槃経を醍醐とかかれて候、竜樹菩薩は法華経を妙薬となずけさせ給う、されば法華経等を醍醐と申す人・盗人ならば釈迦・多宝・十方の諸仏・竜樹・天親等は盗人にてをはすべきか、弘法の門人等・乃至日本の東寺の真言師・如何に自眼の黒白はつたな(拙)くして弁へずとも他の鏡をもつて自禍(じか)をしれ」(278P) と破折されています。

 真言宗は、此土有縁の教主釈尊を捨てて、我等衆生と何の縁もゆかりも無い、架空の大日如来を教主としている。あまつさえ、釈尊を大日如来や弘法のその車を引く資格すらない、牛飼いや履物取りにも及ばないと、口汚く罵っているのである。
 
 善無畏が中国へ大日・真言を渡したのは、唐の玄宗皇帝の時代でした。それから後は、あれだけ隆盛を極めた唐王朝も“安史の乱”の後から衰退に向かいはじめ、玄宗も失意のうちに薨じた。その後は中国から、仏教自体も滅亡する道を辿ることになるのである。

 三徳具備の教主釈尊を捨てて、取るに足らない大日如来を立てるゆえに、主を殺すものであり、諸経中で最第一の法華経を第三と下すことは、主客転倒している。
 『立正安国論』 に、「国土乱れん時は先ず鬼神乱る鬼神乱るるが故に万人乱る」(19P) と、人々の価値観が転倒して、社会が混乱し国が滅びることになるのである。
 日蓮大聖人は 「真言は亡国の悪法」(1073P) であると断定なされています。

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

はじめまして。
「四箇格言」について調べており、ここにたどりつきました。
今大変悩んでいまして、質問させてください。

ここでは「理同事勝」を東密のこととして述べてらっしゃいますが、
大聖人は東密の教義を理同事勝と弾劾された御書はどこにありますか?

確かに秋元御書(1073)には「真言は亡国の悪法」と言われてますが、(1)たとえば「念仏宗と申すは亡国の悪法なり」(上野殿御返事・1509)や「禅宗は日本国に充満してすでに亡国とならん」(撰時抄・280)など、念仏や禅を「亡国」とされるのをどのように解釈すればよいのか?(2)また、ここでは色々な御書から考えて、亡国の説明をされていますが、端的に「真言亡国」の理由を説く御書はないのか?

こうした悩みがあります。
是非お答えいただければ幸いです。

Re: No title

 はじめまして。
 ご質問有り難うございます。ご納得頂けるかどうか分かりませんが、私の考えを述べさせて頂きます。

> 大聖人は東密の教義を理同事勝と弾劾された御書はどこにありますか?

 東密のブログに書いていますが、撰時抄(276P)の「善無畏大に巧んで云く……」の処などはそれに当たると思います。真言宗を立てるとき、大日経と法華経とは理は同じとしなければ弘めることが出来ないと思い、善無畏が立てた邪義である。それを、弘法(東密)や慈覚(台密)が、わざわざ中国まで行って学んできたまでの事である。理同事勝は台密の専売特許ではありません。
 
> (1)たとえば「念仏宗と申すは亡国の悪法なり」(上野殿御返事・1509)や「禅宗は日本国に充満してすでに亡国とならん」(撰時抄・280)など、念仏や禅を「亡国」とされるのをどのように解釈すればよいのか?

 四箇の格言は、各宗の主張の特徴を捉えて、無間・天魔・亡国・国賊と、解かりやすく分けて述べられていますが、本質的には、すべての邪宗教は、無間・天魔・亡国・国賊なのであります。
 例えば、明治期からの国家神道は、亡国の悪法であったことは歴史が証明しています。

>(2)端的に「真言亡国」の理由を説く御書はないのか?

 次のブログの台密のところで、早勝問答(167P)に「問う亡国の証拠如何、……」とあり、書いていますのでご参照ください。

 教学のご研鑚有り難うございます。邪宗破折の先頭に立ってのご活躍をお祈りします。

宗教研究会(名前検討中

密教 手印 で 検索中です
こないだ 手印で 孔雀明王さん に 来てもらいまして
超能力者の人を 相手してもらいました
ありがとう 孔雀明王様 
私は 抗生物質は 絶対 飲まないんだ。

Re: 宗教研究会(名前検討中

> 密教 手印 で 検索中です

 なにか密教や手印に興味をお持ちのようですが、ハッキリと“お止めください”と申し上げます。
 真言宗の超能力者の祈祷やその秘密性・呪術性に頼ることは、自身の生命・人格を破綻することになります。
 日蓮大聖人は「法門をもて邪正をただすべし利根と通力とにはよるべからず」と戒められております。
 また、「真言は亡国の悪法」あると断じられております。
 以上の点を、よくよくお考えになってください。
 また、拙ブログの「真言亡国」のところを、もう一度お目を通して頂ければ、幸いに存じます。
プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR