真言亡国の現証

 日蓮大聖人は 「日蓮仏法をこころみるに道理と証文とにはすぎず、又道理証文よりも現証にはすぎず」(1468P) と仰せられ、真言亡国の現証を指摘されています。

 大聖人は 「而るに日蓮此の事を疑いしゆへに幼少の比より随分に顕密二道・並びに諸宗の一切の経を・或は人にならい・或は我れと開見し勘(かんが) へ見て候へば故の候いけるぞ、我が面を見る事は明鏡によるべし・国土の盛衰を計ることは仏鏡にはすぐべからず」(1521P) と仰せです。
 「此の事」 とは “承久の乱” の事で、主上の朝廷方が臣下の幕府方に敗れた事に、疑問を持たれたと仰せられています。

 『報恩抄』 に 「人王八十二代・尊成・隠岐の法皇・権の太夫殿を失わんと年ごろ・はげませ給いけるゆへに大王たる国主なれば・なにとなくとも師子王の兎を伏するがごとく、鷹の雉(きじ)を取るやうにこそ・あるべかりし上・叡山・東寺・園城・奈良・七大寺・天照太神・正八幡・山王・加茂・春日等に数年が間・或は調伏(ちょうぶく)・或は神に申させ給いしに二日・三日・だにも・ささえかねて佐渡国・阿波国・隠岐国等にながし失(うせ)て終にかくれさせ給いぬ、調伏の上主・御室(おむろ)は但東寺をかへらるるのみならず眼のごとくあひ(愛)せさせ給いし第一の天童・勢多伽(せたか)が頸(くび)切られたりしかば調伏のしるし還著於本人(げんちゃくおほんにん)のゆへとこそ見へて候へ」(321P) と仰せてられています。 
 「還著於本人」 とは、「還って本人に著(つ) きなん」 と読む。邪法をもって正念の相手を呪詛して害そうとすれば、帰って自らの身にそれを受けるようになるということです。

 大聖人は 「法華経を或は第三・第二・或は戯論(けろん)・或は無明の辺域等と押し下し給いて、法華経を真言の三部と成さしめて候いし程に、代漸く下剋上(げこくじょう)し此の邪義既に一国に弘まる、人多く悪道に落ちて神の威も漸(ようや)く滅し氏子をも守護しがたき故に八十一乃至八十五の五主は或は西海に沈み或は四海に捨てられ・今生には大鬼となり後生は無間地獄に落ち給いぬ」(1424P) と仰せです。

 これは源平の争乱の時も、平家の願によって源氏調伏の祈祷をしたのは、比叡山の明雲座主であるが、源氏の木曽義仲に調伏の壇上に踏みこまれて殺されてしまった。それから約二年後、平家一門は西海の壇ノ浦で滅亡したのである。この時幼い安徳天皇(81代) も、二位尼と共に海中に沈むという悲劇を生んだ。
 承久の乱の時は、後鳥羽上皇(82) は隠岐島へ、土御門上皇(83) は土佐国へ、順徳上皇(84) は佐渡島へ配流され、仲恭天皇(85) は廃帝させられた。臣下が天皇を廃し、また流罪に処したことは、わが国有史以来の出来事であった。これも朝廷方が、真言の悪法で祈祷した結果であったのである。

 源平・承久の乱は、一般的には時代の趨勢として、政権が朝廷から武家へ変わる時であり、力を保持してきた武家が勝利するのは当然であるという見方であるが、しかし、日蓮大聖人はその上に、仏法の正・邪により、事の勝・敗が決まると云う 「仏法史観」 とも云うべきものを仰せられている訳です。

 大聖人は 「殊に真言宗が此の国土の大なるわざはひにては候なり大蒙古を調伏せん事・真言師には仰せ付けらるべからず若し大事を真言師・調伏するならばいよいよいそいで此の国ほろぶべし」(287P) と予言されています。そしてそれは、文永の役・弘安の役として現実のものとなったのである。

 池田先生は、「承久の乱の結果は、伝統的な権威に基づく従来の朝廷・貴族が世を治める力を失うとともに、その社会のなかに組み込まれていた既成仏教が無力化したことをも意味していました。それは、従来の祈祷仏教の無力化を如実に示していたのです」  (御書の世界第一巻・41P)
 
 真言の祈祷仏教の 「空理性・呪術性というのは、裏づけとしての 『一念三千の理』 がない、形式のみの祈祷を行っていることだね。
 一念三千の法理がないということは、人間生命をいかに捉え、いかに変革していくかという、普遍性・哲学性がないということです。
 それなのに、祈祷・呪術の形式だけが発達して、何かありそうに人々に思わせた。その破綻の象徴が承久の乱における混迷です」
 (同書・92P) と、真言宗の祈祷を厳しく破折されています。

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

加持祈祷

頼む相手が神様でも権力者でも、誰かに何かしてもらおう。というのは、もし仏教のふりをしても、他力本願の外道ですよね。

人間革命による、自力での問題解決しか道はありませんよね。
誓願の題目だけが、法華経の行者の題目です。

Re: 加持祈祷

 お便り有り難うございます。

 4・5日留守していまして、御返事が遅れて済みません。

> 人間革命による、自力での問題解決しか道はありませんよね。

 全くその通りだと、同感でございます。

 お互いに、頑張りましょう。
プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR