太陽会

 創価学会に、「多宝会」 という高齢者のグループがあります。その中の壮年で昼間に活動ができる方を、とくに 「太陽会」 と名づけており、“まだまだ若い者には負けられん”と、広宣流布に頑張っております。

 私は75歳までアルバイトをしており、今年8月に太陽会の一員になりました。定例会 (部員会) には、持ち回りで御書の勉強をしょうと決まり、10月は私がその担当を命じられました。

 教材は、その月の大白蓮華の池田先生の 「勝利の経典 『御書』 に学ぶ」 です。10月は 「阿仏房御書 (宝塔御書)」 です。先生の講義の中に、我われ太陽会のメンバーにとって、重要なご指導がありましたのでご紹介させて頂きます。

 先生の 『阿仏房御書』 講義より抜粋します。
大聖人は、南無妙法蓮華経と唱える者は、「我が身」 が 「宝塔」 であり、また、「我が身」 が 「多宝如来」 ですよと仰せです。
 「多宝如来」 と言われているのは、法華経の証明者であるということです。証明者とは、決して傍観者ではありません。法華経が説かれるところには必ず飛び込んでいくことを誓っている。法華経が最高真実の教えであり、仏に成る道であると証明してきたのです。
 私は、敬愛する多宝会、宝寿会、錦宝会の皆様方の英姿を想起せずにはいられません。
 戸田先生は、円熟の人生の友を、よく 「多宝の証明の方々」「多宝の尊き同志」 と讃えておられました。
 20年、30年、50年と純真に信仰を貫き、私と共に広布と人生の波乱万丈の山を乗り越えながら、「この仏法はすごい」「学会は正しい」 と叫び、身をもって証明してこられた皆様方です。たとえ無名であっても、仏法上、そして人間として最高に尊貴な大英雄です。
 その確信の一言の重さは、人生そのものの重さです。生きる姿そのものが妙法の証明です。
 (2011・10月大白・49P)

 先生は、太陽会 (多宝会) の方々は 「多宝如来」 であると称讃して下さいました。多宝如来とは法華経の証明者であると、また、傍観者であってはならないと指導されています。これからはより一層、広布の多宝如来の自覚で、日蓮仏法のすごさ、学会の正しさを証明して行きます。

 ご指導の中で、「その確信の一言の重さは、人生そのものの重さです」 の一文に、私は一番感銘を受けました。確信のことは常日頃言われていますが、「人生そのものの重さです」 に新たな思いがわきました。

 確かに、確信のある人生を歩むのか・どうかで、人生はずい分変わってきます。その確信を何に求めるのかによって、人生の幸・不幸が決まると言っても過言ではありません。

 大聖人は、「蔵の財(たから)よりも身の財すぐれたり身の財より心の財第一なり、此の御文を御覧あらんよりは心の財をつませ給うべし」(1173P) と仰せです。
 財産・地位また技術・健康よりも、心 (生命) の中に正しき確信を打ち立てねばなりません。妙法を根本とした確信こそが、生死の苦しみを乗り越える力となることを確信します。

 『御義口伝』 に、「四面とは生老病死なり四相を以て我等が一身の塔を荘厳するなり」(740P) と仰せです。
 生老病死という人生の根源の苦しみさえ、南無妙法蓮華経と唱えることによって、わが身を荘厳する、常楽我浄の四徳の香と成るのである。

 『総勘文抄』 に、「我等は迷の凡夫なりと雖も一分の心も有り解も有り善悪も分別し折節を思知る、然るに宿縁に催されて生を仏法流布の国土に受けたり、善知識の縁に値いなば因果を分別して成仏す可き身を以て、善知識に値(あ) うと雖(いえど)も猶(なお)草木にも劣つて身中の三因仏性を顕さずして黙止(もだ) せる謂(いわ) れ有る可きや」(574P) と仰せです。
 
 このような無心の草木でさえ、春の風雨にあえば芽も出て花も咲く、秋には実が熟れて、一切の有情を養育し、ついには成仏の徳用を顕わすのである。これを疑う者が居るのでしょうか。
 今生人界に生まれ、広宣流布の時に会いながら、なお草木にも劣って、我が胸中の仏性を顕わさずしまいになるなんて、黙って居られようか。“今生においてこそ、生死の紲(きずな) を切るべきである” という、大聖人様の大慈悲のお言葉であります。
 この世に、何のために生を受けたのか、もう一度、その意義を噛みしめたいと思います。

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR