正しい人生

 若き日の池田名誉会長が、恩師戸田城聖先生に初めてお会いしたとき、「先生、正しい人生とは、いったい、どういう人生をいうのでしょうか。考えれば、考えるほど、わからなくなるのです」 とお聞きしました。

 戸田先生は、「人間の長い一生には、いろいろな難問題が起きてくる。現下の食糧難、住宅難もそうでしょう。 …… しかし、これらの悩みは、水面の波のようなもので、まだまだ易しいともいえる。 どう解決しょうもない、根本的な悩みというものがある。人間、生きるためには、生死の問題を、どう解決したらいいか ―― これだ。
 仏法では、生老病死と言っているが、これが正しく解決されなければ、真の正しい人生なんかあるはずはありません」
 と、実に核心をついたご返答であります。

 時は、昭和22年8月14日の夜、東京・蒲田方面のとある座談会上でした。このことは、『小説人間革命第二巻』 〔地涌の章〕 に、詳しく述べられていますのでご参照ください。

 現代人は、あまりにも身の回りの出来事に目を奪われて、人生の根本問題すなわち、「生老病死」、なかんずく 「死」 の問題を忘れ去っております。

 人はみな、執行猶予付きの死刑囚であると言われております。何時か、必ず絶対に、死ぬのであります。されば本当に、この問題を真っ先に、考えなければならないのであります。

 日蓮大聖人の御遺誡に、「されば先(まず)臨終の事を習うて後に他事を習うべし」(御書1404P) と仰せられております。

 さらに戸田先生は、「こうした人生の根本にある問題は、いくら信念が強固だといったって、どうにもならない悲しい事実です。……
 ところが、日蓮大聖人は、この人生の難問題、すなわち生命の本質を解決してくださっているのです。……」
 ………
 「正しい人生とは何ぞや、と考えるのも良い。しかし、考える暇に、大聖人の哲学を実践してごらんなさい。青年じゃありませんか。必ずいつか、自然に自分が正しい人生を歩んでいることを、いやでも発見するでしょう。私は、これだけは間違いないと言えます」
 と、ご断言なされております。
 
 この日から10日後、池田先生は創価学会に入会されて、戸田先生を 「師匠」 と定め、日蓮仏法を修行し、「師弟不二の道」 を歩まれました。
 その結果は、今日の池田先生のお姿の中に 「正しい人生とは」 の解決の道が、指し示されていると思います。
 したがって、今度、我われは、池田先生を 「人生の師匠」 と定め、仏道修行に励むことが、取りも直さず 「正しい人生」 の道を歩んで行くことになるのであります。

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR