友岡氏の講演から

 先月の25日に、関西池田記念会館を訪問しました。受付のガードはなかなか固かったんですが、幸いにも友岡雅弥氏にお会いすることが出来ました。友岡氏は 「ブッダは歩む・ブッダは語る」 等々の本をお出しになっている仏教学者で、いろいろお話をお聞きすることができ幸運でした。

 帰宅し暫らくしてから、友岡氏のことをもっと知ろうと思って、氏のお名前をネットで検索したところ、「大聖人は血脈否定論者だった」 という講演の文がありました。そこで、その文の冒頭のところを引用させて頂きます。

 〔大聖人は「血脈」否定論者だった〕
 以前は、出版物の最終チェックは、全て日蓮正宗がやってたんです。何故かて言うと、それは、日本の宗教団体ていうのは、全部、坊さんに「教義解釈権」があるんです。これが日本の宗教の風習やったんです。
普通は正しい事を知ってる人間が説くんですけど、日本の場合は、やっぱり江戸時代の封建檀家制度で、坊さん以外は教学を説いてはいけなかった。
一般信徒が説くときも坊さんと違うことを言ってはいけなかった。

 この事件 (編者注:第2次宗門問題) が起って、『最初から悪いてわかってたら、言うてくれたらいいのに。今頃になってそんな事言うのおかしいし』 という人もおるんですけど、実はそういう事だったんですね。
 教義解釈権が向こうにありましたので、全ての文書に関して向こうが最終にチェックしてたんですね。
 「唯授一人血脈付法 」 は、大聖人の御書にはひとつも載ってないんですよ。実は、御書には、2箇所だけ出てくるけど、それは有名な 「百六箇抄」 と 「本因妙抄」 の “小さい字の所” ね。有名な、後の時代に付け加えた偽物の所でね。あそこにしかない言葉なんですね、これをやっと言えるようになったんですが。


 以上の文を読みまして、坊さんに 「教義解釈権」 があったなんて、今まで知りませんでした。それで池田先生の教学部大会での講義に、いちゃもんを付けてきたことも理解できます。
 戦後の自由主義の時代、国権の検閲を思わせるようなことが、旧仏教界に罷り通っているなんて、早くこの悪弊は打破しなければならないと思います。
 それには民衆が・信者たちが、賢くなり、偽物に騙されないようにしなければなりません。

 12月の本部幹部会において、正木理事長は 「なぜ偽物にだまされるのか。…… より本質的には、本物をよく知らないがゆえに、偽物にだまされてしまう」 と。
 「C作戦」、「あれは決して宗門と学会の分離などではありません。その本質は、まさに 『師弟の分離作戦』 であった。
 また、日蓮門下の歴史にあって、現実の上で御書の通りの大難を受け、かつ、世界広布を実現した人は誰か。それは創価三代のの師弟、なかんずく池田先生以外には断じておりません。この正しい師匠の存在こそ、学会と宗門を決定的に隔てる信心の違いをもたらし、広布拡大の実践を生んだ生命線であります」
と述べられています。

 日顕が学会に 「破門通告書」 を送りつけてきた 「魂の独立」 から20年、宗門は信徒数を2%に減らし、学会は世界192ヶ国まで広布拡大を成し遂げました。正・邪の判定は歴然であります。

 日蓮大聖人は、「此の法華経は知らずして習い談ずる者は但爾前の経の利益なり」(404P) と。
 「伝教大師は 『法華経を讃すと雖も還つて法華の心を死(ころ)す』 等云云、文の心は法華経を持ち読み奉り讃むれども法華の心に背きぬれば還つて釈尊・十方の諸仏を殺すに成りぬと申す意なり」(1439P) と仰せです。

 この 「法華経の心」・「法華経の精神」・「皆成仏道の信心」 を、正しく教えてくださるのは、池田大作先生であり・創価学会しかないと云うことを断言するものであります。

 友岡雅弥氏の講演 → ここから

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR