「青年学会 拡大の年」に思う

 「青年学会 拡大の年」 明けましておめでとうございます。本年も “創価随想” を何卒よろしくお願い致します。

 池田先生は、「『青年学会 拡大の年』 が開幕した。何んと瑞々しい、心躍るテーマであろうか。創価の師弟の精神を壮大に広げ、万代までも刻みゆく一年の出発だ」 と仰せられています。

 それにつけても昨年は、世界的に大災害・大混乱の年でした。特にわが国における、東日本大震災と福島第一原発事故は最悪な出来事でした。本年は、この様なことが起こらないように、せつに祈る次第である。

 ずい分前に聞いた話であるが、戦後の三災七難の出方が、日蓮大聖人のときと比べて、逆次に出ていると云うことである。
 大聖人のときは、天変地夭・飢饉疫癘が先ずあって、後から 「立正安国論」 で予言された、自界叛逆の難 (二月騒動) が起き、他国侵逼の難 (文永の役・弘安の役) が起こった。

 戦後は、太平洋戦争に敗れ米軍の進駐 (他国侵逼の難) を見た。その後の混乱の中、労使紛争や全学連闘争など日本国民同士が、血で血を洗う(自界叛逆の難)が起きた。その後は経済の発展に伴ない騒乱事件は少なくなってきたが、それに反し天変地夭はだんだんと激しくなって来ている。そして昨年の大災害となったのである。

 それは人々が、大聖人の 「立正安国」 の教えを信じようとはせず、あまつさえ正法誹謗をなし、謗法の教えを信ずるが故に、三毒(貪・瞋・癡)強盛の者ばかりになり、天変地夭が起きるのである。

 その仏法原理は、「人の悦び多多なれば天に吉瑞をあらわし地に帝釈の動あり、人の悪心盛なれば天に凶変・地に凶夭出来す、瞋恚の大小に随いて天変の大小あり地夭も又かくのごとし、今日本国・上一人より下万民にいたるまで大悪心の衆生充満せり」(1142P) と仰せの通りです。

 この問題の解決は、「真実一切衆生・色心の留難を止むる秘術は唯南無妙法蓮華経なり」(1170P)。 
 「結句は勝負を決せざらん外は此の災難止み難かるべし」(998P)
 と仰せのように、一切衆生が “南無妙法蓮華経” と唱え、広宣流布を成し遂げる以外にない訳です。

 池田先生は、「今年は辰年 ―― 。この 『辰』 は、時刻でいえば 『午前八時』 に当たる。また 『夜明け』 や 『スクスク伸びる』 意義もある。旭日の如き青年の息吹に通じる。
 私も 『辰年』 の生まれである。いよいよ思索を重ね、先手を打ち、厳然と指揮を執っていく決意だ。
 わが同志よ、後継の青年たちよ! 全員が偉大なる地涌の正義の旗を掲げ抜いていってくれ給え!
 現実社会は厳しくとも、仏にも匹敵する勇気と智慧で、人生を切り開いていってくれ給え!
 日本中、世界中の同志と共に、胸張り、楽しく、朗らかに、異体同心の前進を開始しょう!」 
とご指導されています。 (聖教元旦号・我らの勝利の大道・65)

 この池田先生の呼びかけに、「何が何でもお応えしょう、師匠に喜んでいただくのだ」との決意で頑張ります。

 立正安国論は  → ここから
 災難の起る由来 → ここから

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR