本門の戒壇 (5)

 伝教大師が南都六宗を打ち破り、比叡山に法華一乗の円頓戒壇が建立されて、法華経迹門の広宣流布が達成されました。これによって、あの平安朝の絢爛たる仏教文化の華が開きました。

 しかし程なくして、弘法は嵯峨天皇に取り入り、また叡山の座主第三慈覚・第五智証は、本師伝教に背いて、真言の悪法に染まってしまった。したがって、「仏法の失あるは大風・大波の小船をやぶるがごとし国のやぶるる事疑いなし」(1521P) と仰せのように、平安後期から国土は大いに乱れ、「天変地夭・飢饉疫癘・遍(あまね)く天下に満ち広く地上に迸(はびこ)る」(17P) という状況であった。

 日蓮大聖人は、災難の起きる根源は邪宗・邪義にあるとし 「立正安国論」 をもって、幕府の執権・北条時頼を諫めました。

 その 『立正安国論』 に曰く、「汝早く信仰の寸心を改めて速に実乗の一善に帰せよ、然れば則ち三界は皆仏国なり仏国其れ衰(おとろえ)んや十方は悉(ことごと)く宝土なり宝土何ぞ壊れんや、国に衰微(すいび)無く土に破壊(はえ)無(なく)んば身は是れ安全・心は是れ禅定ならん」(32P) と述べられていますように、大聖人は一刻もはやい “世界の平和と一切衆生の幸福” の実現を願われています。即ち 「仏の大願」 であります。

 『御義口伝』 には、「大願とは法華弘通なり」(736P) とあります。
 『三大秘法抄』 には戒壇について 、「最勝の地を尋ねて戒壇を建立す可き者か、時を待つ可きのみ、事の戒法と申すは是なり」(1022P) と仰せです

 この 「時を待つ可きのみ」 の中に、大聖人の未来に対する “展望” と一切衆生の幸福を願う “慈悲” とが、含まれているように思われます。

 そうしますと、「時を待つ可きのみ」 の時とは 「法華弘通(の時)なり」 ということになります。今度は、それがそのまま、「事の戒法と申すは是なり」 となってきます。

 大殿堂を建て、大御本尊を御安置することのみが、「事の戒壇」 になるだけではありません。そのような形式的なことではなく、実質的には、仏の大願たる 「法華弘通」 の戦いにまい進することのみが、「事の戒法と申すは是なり」 に当ると思います。

 『三大秘法抄』 に、「三国並に一閻浮提の人・懺悔滅罪の戒法のみならず大梵天王・帝釈等も来下(らいげ)して蹋(ふみ)給うべき戒壇なり」(1022P) と仰せです。

 「大梵天王・帝釈等も来下して」 とあり、この梵天・帝釈とは、“世界の指導者” をいいます。(総じていえば、妙法所持の地涌の菩薩は、世界の指導者であります)
 このことは 「本門の戒壇」 は、単に日本一国のためのものでなく、世界の人々の懺悔滅罪のための戒壇であり、また “世界の平和と幸福” を祈願し、その実現を期するために来下する、“世界の指導者” のための大殿堂でなければならないのである。

 現に、学会本部には連日のように、国内・海外の著名な有識者の方々が、はるばる遠くから来訪しています。このことは、まさに 「事の戒法と申すは是なり」 の御金言を、そのまま写した姿であると言えないでしょうか。

 現在、日蓮大聖人のご精神を体して、「世界の広宣流布」 を願って戦っておるのは、“創価学会・SGI” だけであります。したがって、創価学会の広宣流布の活動の拠点である “創価文化・平和会館” は、現時点における実質的な、法華経の 「本門の戒壇」 であると言えるのではないでしょうか。

 翌・2013年11月18日に、新しい “創価学会総本部” が完成いたします。これからも日本だけでなく、世界の五大陸の各地・各国にも、世界の平和と一切衆生の幸福のために、“創価の文化・平和会館” を建設し、三色旗を “法華弘通のはたじるし” として、へんぽんと翻さなければなりません。そうしなければ、人類と地球の未来はないからです。
 これが日蓮大聖人の 「法華弘通の大願」 にお応えする道だと思います。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR