原水爆禁止宣言

 昭和32年(1957年)の9月8日、横浜の三ツ沢競技場において、創価学会青年部体育大会 「若人の祭典」 が開催されました。
 その席上、戸田城聖先生より 「諸君らに今後、遺訓すべき第一のもの」 と言われて、「原水爆禁止宣言」 が発表されました。そのご講演の一部をご紹介させて頂きます。

 「それは、核あるいは原子爆弾の実験禁止運動が、いま世界に起こっているが、私はその奥に隠されているところの爪をもぎ取りたいと思う。
 それは,もし原水爆を、いずこの国であろうと、それが勝っても負けても、それを使用したものは、ことごとく死刑にすべきであるということを主張するものであります。
 なぜかならば、われわれ世界の民衆は、生存の権利をもっております。その権利をおびやかすものは、これ魔ものであり、サタンであり、怪物であります。それを、この人間社会、たとえ一国が原子爆弾を使って勝ったとしても、勝者でも、それを使用したものは、ことごとく死刑にされねばならんということを、私は主張するものであります」
  (文庫人間革命第12巻・124P)

 この宣言がなされて53年になります。創価学会は、遺訓を胸に今や、世界192ヶ国に妙法の種を植えました。しかし、全世界からみれば、まだまだほんの一部分です。

 昨年、アメリカのオバマ大統領が、チェコのプラハで 「核のない世界を目指す」 と演説し、核兵器の削減に着手しましたが、まだ、緒に就いたばかりです。
 「プラハ宣言」 の後、核兵器削減の気運の盛り上がる中、核廃絶のリーダーたるべき被爆国・日本の首相は、アメリカの核の傘は必要であると、広島・長崎の被爆者の感情を逆なでする様な発言をしました。まだまだ、この問題の根の深さを思わずには居れません。

 池田先生は、「戸田は、原水爆の背後に隠された爪こそ、人間に宿る魔性の生命であることを熟知していた。そして、その魔性の力に打ち勝つものは、仏性の力でしかないことを痛感していたのである。
 原水爆をつくり出したのも人間なら、その廃絶を可能にするのも、また人間である。人間に仏性がある限り、核廃絶の道もかならず開かれることを、戸田は確信していた。
 その人間の仏性を信じ、仏性に語りかけ、原水爆が 『絶対悪』 であることを知らしめる生命の触発作業を、彼は遺訓として託したのである。
 以来、この宣言は、創価学会の平和運動の原点となっていった」
 と、仰せられています。 (同書・129P)

 この原水爆禁止宣言は、『小説人間革命・第12巻』 〔宣言の章〕 に、詳しく記されております。是非、お目をとおして頂ければ幸いに存じます。

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR