質問に答えて (2)

 (2)大聖人が 「一閻浮提総与の大御本尊」 を御図顕されたのは、ご存知の通り弘安2年10月12日であります。ということは、御図顕される前は当然御本尊を現されてませんので、「御本尊のない時代」 にあたります。御本尊がないので、もちろんお仏壇もありません。
当時日蓮門下であった、四条金吾・富木常忍等さらに熱原の三烈士等の農民信徒(現在でいう学会員の方々)は、御本尊やお仏壇のない中、どこに向かって題目を上げ、そしてその祈りは叶ってなかったのでしょうか?
御本尊がないのに祈りが叶うのであれば、なぜ叶うでしょうか?

 
 ご承知のように、御本尊は、竜の口の法難で “発迹顕本” なされた後、佐渡期において、はじめて顕わされました。したがって、それ以前の成仏は、どう考えたらよいのか、ということであろうと思います。

 「成仏」 とは、自身が所具している仏界を開き顕わすことであり、“南無妙法蓮華経” という根源の種子を覚知し、自身が 「一念三千の当体」 であると悟ることです。ゆえに、正・像・末法という時代の違いによって、成仏の境涯に差別がある訳ではないのです。

 しかるに、“南無妙法蓮華経” が説かれてない正報・像法時代に、どうして自身が 「一念三千の当体」 であると悟ることができるのでしょうか、という疑問である。

 これは衆生の 「機根」 によるのである。機根とは、衆生が仏の説法を聞いて受け入れ、それに反応する能力・性質・可能性をいう。爾前経は、衆生の機根が別々であったが故に、それに随って種々の教説を説いたのである。このことを 「対機説法」 と言います。

 この点について、本尊抄には 「仏教已前は漢土の道士・月支の外道・儒教・四韋陀等を以て縁と為して正見に入る者之れ有り、又利根の菩薩凡夫等の華厳・方等・般若等の諸大乗経を聞きし縁を以て大通久遠の下種を顕示する者多々なり例せば独覚の飛花落葉の如し教外の得道是なり」(242P) と仰せです。

 仏教以前の道士・外道たちが、儒教や四韋陀と云うそれぞれの教えを縁として、法華の正見に入った者がおった。又利根の菩薩・凡夫は、爾前経の諸大乗経を聞いた縁によって、過去三千塵点劫のその昔、釈尊によって法華経の下種を受けたことを、思い起こした者が多々おったと云うのである。
 
 このことは 「利根の菩薩凡夫等」 とありますように、正・像時代の衆生は 「本已有善(本と已に善有り)」 と言って、歴劫修行の結果、すでに善根を積んでいたのである。これらの上機・上根の者は、釈尊の爾前経であっても、それを縁として法華の久遠元初の下種(南無妙法蓮華経)を思い起こし、得脱することができる機根の衆生である。

 しかし、末法の衆生は 「本未有善(本と未だ善有らず)」 と言って、善根を積んでなく、釈尊と縁のない衆生である。ゆえに、大聖人の仏法によって始めて下種され、ただ題目の五字によってのみ、即身成仏できる機根の衆生なのである。

 では、いまだ御本尊が顕わされていない佐渡以前の日蓮門下は、どうしていたのかと言うことであります。それは大多数の信徒は、釈迦如来像に向かって、“南無妙法蓮華経” と唱える唱題行に励んでいたと思います。

 このことについて大聖人は、富木常忍・四条金吾ご両人の釈迦如来像の造立を許して讃嘆されました。その理由について、日寛上人は 『末法相応抄』 に次のように述べられています。

 第一に、いまだなお弘教の初めであり、御正意でなくとも用捨時宜にしたがわれた。
 第二に、当時は日本国中一同に阿弥陀仏を本尊としていた中に、阿弥陀を捨てて釈尊を立てるのを讃嘆された。
 第三に、大聖人の観見の前には、釈迦の一体仏も全く一念三千即自受用身の仏と映ぜられたからである。

 また、次に「過去の下種結縁無き者の権小に執着する者は設い法華経に値い奉れども小権の見を出でず、自見を以て正義と為るが故に還つて法華経を以て或は小乗経に同じ或は華厳大日経等に同じ或は之を下す、此等の諸師は儒家外道の賢聖より劣れる者なり」(242P) と仰せです。

 もし過去に法華の下種結縁のない者で、現在権教小乗教に執着している者は、たとえ法華経に値っても権小の見解から抜け切れないで、自見をもって法華経を下し、邪見に陥るゆえに、儒教や外道の賢聖よりも劣る者である。ただし、過去の下種結縁がなくても権小に執着しない者は、法華の正見に入り得道することができるのである。
 このことは、信心修行するに当たっては、法華経の “こころ・精神” を能くよく弁えなければならないと言うことである。

 大聖人は 「諸法の心とは妙法蓮華経なり、伝教云く法華経を讃(ほ) むると雖も還つて法華の心を死(ころ) すと、死の字に心を留めて之を案ず可し」(709P) と。
 また、「此の法華経は知らずして習い談ずる者は但爾前の経の利益なり」(404P) と仰せです。

 「但爾前の経の利益なり」 と云うことは、成仏の大利益は得られないと言うことです。能くよく心して行かねばなりません。

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR