『二十一世紀への対話』(トインビー対談)より (死後の生命)

 1972年5月 (昭和47年)、池田先生は イギリスの20世紀最大の歴史家と称された、アーノルド・トインビー博士との対談を開始されまして、本年で早や 40周年になります。
 対談は、ロンドンにある トインビー博士のご自宅で行われました。当時、博士は 83歳、池田先生は 44歳で、1972年と 73年に、延べ 40時間にわたって行われました。

 対談では、人生と社会、政治と世界、生命倫理など多くの テ-マが語り合われ、対談集は 「21世紀への対話」 として、1975年に日本で発刊されました。翌年には、英語版 「生への選択」 が刊行され、現在では、世界 28の言語で出版されています。
 また、各国の誇る最高学府で教科書として使用され、ある博士は 「長年、探し求めてきた テキストであり、学ぶべき課題と解答がすべて語られている」 と絶賛しています。

 対談集が発売されたとき、一度は読んだと思うが内容は全くと言っていいほど記憶にありません。新聞の対談 40周年記念の記事を見て、あらためて読み直そうと思いました。
 丁度この ブログで、生命について少々述べていますので、『二十一世紀への対話(下)』 ①生命の起源(211P) のところから読んでみました。

 生命の永遠性・死後の生命は、時間とか空間とかでは捉えられないものであり、池田先生は仏法の 「空」 の概念について述べられています。

 池田  仏法では死後のわれわれの生命の存在の仕方を “空” という概念でとらえています。 “空” というのは、現象としては現われなくとも、厳然と実在する状態のことをいいます。 実在するといっても、それは目には見えませんから、“無” と変わらないともいえましょう。 しかし、実在する以上、縁にふれて目に見える現象として現われるのです。 そうなると、“無” とはいえません。 つまり、“有” と “無” という二つの概念だけでは表現できない状態です。
 結局、仏教の教えによれば、生命の本質は “生” すなわち “有” と “死” すなわち “無” とを現じながら、永遠に存続していく超時間的実在であるということができます。


 トインビー博士は、“宇宙の背後にある究極の精神的実在” に帰ることが死であると述べられています。このことを仏教では、「仏界」 とよんでおるものであります。

 トインビー  結論として、死という現象は、われわれが身心統一体として見慣れている人間存在のうち、肉体面の分解をともなうわけですが、しかしそれは、“実在それ自体” からみれば、じつは人間の知的着想力の限界から生じる幻想にすぎないことになります。 したがってまた、“究極の実在” ないし “空” に関する疑問は、空間とか時間とかの観点から公式化してみたところで、回答が得られないわけです。……
 私は、“実在それ自体” には時間もなければ空間もないと信じています。 といって、それが時間と空間に束縛されたこの世界から、全く遊離して存在するものだとは思っていません。

 
 池田先生は、さらに三諦論を駆使されて、死後の生命を説明されています。

 池田  大乗仏教においては、“生死不二” といって、生と死という時間・空間次元の現象は、時・空を超えた実在である生命の、二つの異なった顕われ方であると説いています。 個々の生命体は、生命が顕在化した状態であり、死とはその生命が “冥伏” した状態です。 冥伏とは無に帰することではありません。
 さきほどから私が提起してきた “空” の概念は、目には見えなくとも厳然と実在する、有無のいずれか一方に決めることのできない概念です。 これに対して、現実にさまざまな個別の姿をとって現れてくる姿を “仮(け)” と名づけています。 身心統一体としての生とは、この “仮” の姿であり、しかもそのなかに “空” をはらんでいます。 死後の生命は “空” として実在しながら、そのなかに “仮” の傾向性、方向性をはらんでいます。 そして、この “空” と “仮” を貫く生命の本質を “中” と呼んでいます。 あるときは顕在、あるときは冥伏という姿をとりつつも、無限に持続していく生命の本質ということです。
 この持続していく生命の本質とは、現代の哲学用語でいえば、最も根本的な意味での “自我” という表現に通ずるものです。 さらに仏法では、この “空” と “仮” と “中” は円融一体のものであって、それらを全体として統一的に把握しなければならないと説いています。


 トインビー  生命は、はたして死後も存続するのか。また、肉体が無機物の世界へと還元されてしまった後、精神はどこへ行くのか。 ―― 要するに、これらの疑問は、空間とか時間の基準からは答えられず “空” ないし “永遠” の概念によって初めて答えられるのだと信じます。
 
 以上のように、トインビー博士は 「生と死」 の回答を、特に仏教の “空” の概念に求められておられました。少々、長い引用になりましたが、詳しくは 「二十一世紀への対話」 を、是非お読みくださるようお願い致します。

 “空” について戸田先生のお話 ―→ ここから

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR